どうする寝起きの腹痛。快適な一日のスタートのために

さあ、今日も一日元気に♪と思ったのに…寝起きの腹痛、つらいですね。原因、対処法について考えてみました。

view811

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「おなかが痛い」という症状について、原因を考えるのはなかなか難しいようですね。
    寝起きの腹痛で悩んでいる方は多く、ネットにも沢山の質問が寄せられています。

  • 腹痛は消化器、泌尿器、婦人科領域、血管、筋肉、腹膜など腹腔内にあるあらゆる気管の変化で発生します。
    それだけでなく心臓などの病気でもおこり、おそらく病気の中で腹痛を主症状とするものが最も多いのではないかと思われます。
    にもかかわらず、痛みの程度や部位、性質、随伴症状などで原因疾患がある程度推測できるのが腹痛でもあります。
    出典 :腹痛>どこが痛いか、緊急を要する腹痛 | 健康快適人生
  • ネットでの質問への答えには起立性調節障害、便秘、過敏性脹症候群などの答えがよく見られます。

  • お子さんにこんな症状、ありませんか?

     

    小学校高学年から中学生のお子さんで、このような症状が思い当たるようなら起立性調節障害かもしれません。

  • 起立性調節障害は、自律神経失調症のひとつです。

     

    寝ている状態から起き上がった時に血管の調節がうまくいかず、立ちくらみ等の症状が出るものをいいます。

  • 便秘が原因の場合

     

    食べ物や、運動である程度解消できる場合も多いですね。

  • 便秘によく効くお茶もあります。

     

    女性に嬉しい、ビタミンもとれるそうです。

  • オリゴ糖も効果があります。

     

    ヨーグルトと一緒にとるのもおすすめです。

  • 便秘に効く体操もいろいろあります。

     

    一日のうちで、朝はもっとも便意が起きやすいとき。その時に、体操などで腹筋を使うと、腸が刺激されてぜん動運動が高まり、便意がより起きやすくなります。

  • 便秘解消ストレッチ

     

    気もちよくストレッチして、お腹が治ったら嬉しいですね。

  • 過敏性腸症候群(IBS】ではこんな症状た見られます。

     

    昨今のストレス社会では食生活の変化も相伴って一般の人の約20%がこの病気により悩まされているとされています。

  • 精神的な安定が第一です。年齢とともに自分で精神をうまくコントロールできるようになると改善します。症状が長く続くとさらに不安になるので、必ず治ると自信を持ち、主治医と信頼関係を築いて勧めることが大切です。カウンセリングや薬物療法も有効ですので、相談するのも良いでしょう。
    出典 :過敏性腸症候群(IBS)・下痢と便秘を繰り返す
     

    根気強く治療していくことが大事ですね。

  • セロトニンによる治療法も注目されています。

     

    セロトニンという物質(神経伝達物質※1)が深くかかわっていることや、セロトニンをコントロールすることで、ストレスがあっても症状を抑えられることがわかってきたのです。

  • 下痢をくり返している場合は、香辛料や冷たい飲食物、脂っこいものなどを避けます。乳製品やアルコールも下痢の原因になる可能性があるので、控えたほうがいいでしょう。便秘をくり返している場合は、香辛料など刺激の強い食品は避けつつ、水分や食物線維を多く摂れるような食事を心がけていきます
    出典 :2つの解消法で、もう突然の腹痛に悩まない- ビューティー研究室|シティウェーブ
  • 体を温め、下痢に効くそうです。

     

    はちみつとショウガのドリンク。美味しそうですね。

  • メンタルな原因と体の問題とどちらなのか、見分けることも大切です。

  • 疲れやストレスが原因なら、芳香浴や沐浴も効果があります。

     

    ゆっくりお休みを取るのも大切です。

  • 質問広場に似たような症状の相談があれば、参考になりますね。