妊婦の疑問★帝王切開のよくある迷信や疑問にお答えします!

帝王切開で出産を行う人は増加していますが、それに伴い増えているのが迷信や疑問の数。
ここでは、ママや赤ちゃんにまつわる迷信や疑問について回答していきます。

  • mippi 更新日:2014/09/03

view143

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 帝王切開によくある迷信や疑問とは?

  • 帝王切開での出産件数は増えているものの、まだまだ未知の世界であるこの方法には、様々な疑問や迷信が付きまといます。
    ここではよくある質問についてご紹介していきたいと思います。

  • 帝王切開は、自然分娩に比べて楽?

     

    一番多いのがこの質問です。
    同じ出産ですから、全く楽ではありません。

  • 術後に感染症にかかったり、傷が化膿したりするリスクがある
    出典 :帝王切開への偏見
  • 帝王切開に関しては、お腹と子宮を20cm程度も切開する「手術」なのです。身体へのダメージはどうしても大きくなってしまいますし、産後の回復だって、よほど時間が必要となります。
    出典 :誤解している人も多いけれど……「楽な出産☆」ではない帝王切開 | 美容ブログ [女性の美学]
  • 全身麻酔になってしまい赤ちゃんもすぐに見れなくて悔しかったなー。出産した本人は動けるようになるまで赤ちゃん見れなくて残念でした。通常だったら部分麻酔で意識あるから、すぐに見せてもらえるけど腹切ってるからすぐ抱っこも出来ないし。
    出典 :【出産】帝王切開が楽? - 妊娠・出産のうわさ話 - 沖縄のうわさ話
  • 帝王切開は3回までしかできないの?

     

    そもそも、帝王切開ができるかどうかは人によって違い、中には1回目であってもできない人がいます。

  • 実際平成 11 年以降の 12442 例のうち、過去2回帝王切開すなわち今度が3回目の方は 186 名いて、もちろん全員帝王切開でしたが、無事に終了しています。今回が4回目の方は 15 名でこちらも全員無事でした▼しかし上には上がおり、7回帝王切開をしたギネス級の経験が当院であります。7回目も癒着等も軽く、手術は普通に終了しました
    出典 :へその緒通信
  • 帝王切開で生まれた赤ちゃんは病気にかかりやすい?

     

    これはあながちウソではないようです。

  • 帝王切開の子はアレルギー発症リスクが大きくなるが、糖尿病や過敏性腸症候群もまたより多く見られる。
    出典 :帝王切開は腸内細菌を弱めアレルギーリスクに:世界の最新健康・栄養ニュース
  • 帝王切開での出産、次も帝王切開?

     

    多くのクリニックでは、帝王切開経験のある女性には次回も帝王切開での出産を勧めているそうです。

  • 帝王切開後の普通分娩によって、子宮壁切開時の瘢痕部がさらに薄くなって弱くなり、次に陣痛が起こったときに子宮破裂を起こす可能性がやや増加するかもしれない
    出典 :次の出産で普通分娩はできる?|医療・健康なんでもQ&A|ここカラダ
  • 帝王切開の傷跡はどのくらい残る?

     

    妊娠線ができる人とできない人がいるように、帝王切開後の傷跡には個人差があるそうです。

  • 手術の傷跡が残るか残らないかは体質がかなり関係しているようで、ケロイド体質の方はなかなかきれいになりにくいんだそうです。
    出典 :帝王切開の傷跡を消す・きれいにする方法 | はじめての妊娠・出産・育児
  • 初めの3ヶ月くらいの間は、傷跡の部分が私も盛り上がっていて、空気が乾燥気味だったりすると かゆかったり痛かったりしたけれど、最近はほとんど 気にならなくなりました。
    出典 :出産編24