妊娠中の眠気を軽減したい人必見!妊娠中の眠気対策!

妊娠中はどうしても眠気が襲ってくるため、効果的な妊娠中の眠気対策方法が知りたいですよね!
家事や仕事に支障が出る人は、ぜひ試してみて下さい。

view87

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中はどうして眠いの?

  • 女性は妊娠すると女性ホルモンの分泌が活発になります。特に妊娠初期は、急激に女性ホルモンが分泌されるため、眠気の症状が強く出るということが多いようです。
    出典 :妊娠と眠気 | 眠気の原因と眠気解消の基礎知識
     

    ホルモンが関係しているため、妊娠による眠気はしょうがないことなのです。

  • つわりと聞くと、吐き気などが思い当たると思いますが、吐き気の代わりに眠気が強くなる人もいます。
    もちろん、吐き気もあって眠気もあるという人もいるのですが、眠気もつわりの症状の1つであると覚えておきましょう。
    出典 :妊娠中に眠くて仕方がないときの対処法 | 不眠症対策のファイナルアンサー
     

    妊娠中の眠気はつわりのようなものです。
    そのため、妊娠後期に向かうにつれて和らいでいきます。

  • 妊娠初期のころはともかく疲れやすいものです。女性ホルモンのバランスが乱れることも一因ですが、妊娠によるプレッシャーやストレスにより、普段以上に疲れやすいものなので、眠くなるのも無理はありませんね。
    出典 :妊娠中に眠くて仕方がないときの対処法 | 不眠症対策のファイナルアンサー
     

    妊娠すると、心身ともに敏感になってしまいます。
    様々な不安や悩みが眠気を引き起こしてしまうようです。

  • また、妊娠すると、膀胱が子宮に圧迫され、頻尿になるケースもあります。夜中に何度もトイレに起きることもまた、日中の眠気を生じる原因のひとつだと言えるでしょう。
    出典 :妊娠と眠気 | 眠気の原因と眠気解消の基礎知識
     

    夜しっかりと眠れていないため、日中に眠気が襲ってしまいます。

  •  

    しかし、妊娠後も仕事を続けている場合は仕事に支障が出てしまいます。
    そんな時に役立つ、妊娠中の眠気対策はこちらです。

  • 最も効果的な妊娠中の眠気対策は寝ること

  • ・短時間でもいいから寝る
    これが最も有効だと思います。
    仕事をしてないならお昼寝を、仕事中なら昼休みに仮眠を取るようにすると眠気も引いていきます。
    出典 :妊娠中期の眠気
     

    最も効果的なうえ、ストレスも溜まらない方法が寝ることです。
    女性の体からママの体に変化している時は、無理せず眠ることも大切なのです。

  •  

    夜の間にしっかりと睡眠を取ることも、効果的な眠気対策です。

  • 毎朝同じ時間に起きて、朝日を浴びる
    就寝前にぬるま湯につかり(足湯でもオッケー)、体を温めてから眠る
    寝室でアロマを焚くなど、リラックスできる空間を作る
    出典 :妊娠中に眠くて仕方がないときの対処法 | 不眠症対策のファイナルアンサー
     

    このような工夫で、睡眠の質がぐっと上がります。

  • 夜はテレビやパソコンの画面を極力見ないようにし、早めに床につきましょう。また、夜間の頻尿を防ぐために水分の摂取も控えめにすると良いでしょう。
    出典 :妊娠と眠気 | 眠気の原因と眠気解消の基礎知識
     

    夜寝る前の過ごし方も見直してみましょう。

  • 仕事中にできる妊娠中の眠気対策

  • ●体を動かす。
    仕事や家事など、同じ姿勢でいると眠気が強くなってきますので体を動かすようにします。ウォーキングがおすすめですが、仕事中は難しいので腕を回すなどストレッチを行うようにしましょう。
    出典 :妊娠中期の眠気
  • ●飲み物を飲む。
    眠いと感じたら、冷たい飲み物を飲むと少し眠気が和らぎます。冷たいものを飲み過ぎてはダメですが、少し飲むことで気分がリフレッシュできます。
    出典 :妊娠中期の眠気
  • ●こまめに休憩する。
    眠たいときに作業を続けるとミスをする原因にもなるので、こまめに休憩を取るようにします。単純作業が多いほど眠たくなるので、休憩を取るようにしましょう。
    出典 :妊娠中期の眠気
  • 妊娠したら職場の協力が必要不可欠になります。
    眠いときは無理せずに休ませてもらいましょう。