目の下たるみ簡単解消法

年齢が上がるにつれて気になるのが顔のたるみです。ほうれい線だけでなく目の下たるみもどうにかしたいと思う方は多いのでないでしょうか。ここでは憎いたるみを一気に解消する方法をご紹介します。

view224

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 顔のたるみ

  • 顔のたるみは20代後半からはじまる人が多いです。
    最初はあまり気にならない程度ですが、顔の中でも一番早くたるみ始める部分が目元や目の下の部分です。
    顔には表情筋といって表情を作るのに大切な筋肉が沢山ありますが、目の周りを支える筋肉というのは、その中でも薄くて小さいため衰えてくるのが他の部分に比べて早いです。

  • 顔のたるみに効果的!?まいう体操

  • 世界一受けたい授業で紹介されていた「まいう体操」は顔の筋肉を鍛えるために「ま・い・う」の3つの言葉を言うだけの体操です。

  • 顎の下のたるみは顎下にある筋肉『顎舌骨筋』が使われないと弱くなりたるんでいきます。
    「ま~」と言いながらなるべく口を大きく開けます。この時、顎の下の筋肉を意識してください。
    出典 :まいう体操でほうれい線を消す
  • 年齢とともに頬にある筋肉が小さくなり、頬を支える力が弱くなってたるみやほうれい線の原因になります。「い」と発音する時の笑い顔で、大頬骨筋が鍛えられます。
    出典 :授業復習 | 世界一受けたい授業
  • まいう体操のやり方

  • なるべく大きな口、大きな声で「ま」「い」「う」を10秒×5セット、朝昼晩やることでたるみの原因となる顔の筋肉が引き締まり若返ります。
    世界一受けたい授業では1か月間この体操をしてほうれい線がなくなり、目下のたるみもきれいになっていました。

  • 血行促進も大事!?

  • まいう体操で筋肉をほぐし鍛えることも大事ですが、目元のたるみには血行を良くすることも不可欠です。
    スプーンを使って手軽に目元のケアをしましょう。

  • やり方は簡単

    1、温めたスプーンで目の周りを温めて循環促進
    2、氷水でスプーンを冷やし血行促進

    たったこれだけで皮膚が蘇ります。