実は危険のサイン早朝高血圧の症状

普段から高血圧気味の方は明け方ちょっと注意して血圧を見てみてください。

view156

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 早朝高血圧って?
    ただの高血圧じゃないの?

  • 早朝高血圧の症状?

  • その名の通り特に早朝、もともと生理機能からみても血圧が高くなりやすい時間帯に発生し、脳卒中や心筋梗塞を引き起こしかねません。
    出典 :早朝 高血圧
  • 薬などを利用して日中の血圧は、そうは高くないために軽視してしまい、それが進行して脳梗塞や心筋梗塞などの重い病気をつくる温床になってしまうかもしれません。
    出典 :早朝高血圧の症状と対策について:病気と症状 治療 原因 予防の辞典
  • 気がつかないと重大症状に繋がってしまう恐れがあるのが、
    早朝高血圧の症状のようです。

  •  

    早朝に血圧の数値をちょっと注意して見てみましょう。

  • 早朝高血圧の症状には二つのタイプがあるようです。

  • 夜間にあまり血圧が下がらないままになだらかに血圧が上昇するノンディッパー型と、
    朝方に急激に血圧が上昇するモーニングサージを呈するディパー型があります。
    出典 :早朝高血圧についての情報です!
  • 夜間は正常であった血圧が起床前後の時間帯に急激に上昇する早朝の急激な血圧上昇は、モーニングサージと言われます。
    出典 :サージ型タイプの早朝高血圧のリスク
  • ディパー型の早朝高血圧の原因としては、
    夜の飲酒・朝の慌ただしさ・前日服用した降圧薬の効果が弱くなることなどが挙げられます。
    出典 :早朝高血圧についての情報です!
     

    早朝上昇型とも呼ばれるタイプです。

  • 血圧が高めの方は、早朝の起床時には、
    急激に動いたり温度差に注意を払う必要があると思います。

  • ノンディパー型の早朝高血圧の原因として
    糖尿病・心不全・腎臓障害・自律神経障害・睡眠時無呼吸症などが挙げられます。
    出典 :早朝高血圧についての情報です!
     

    夜間持続型とも呼ばれるタイプです。

  • 通常は夜間の血圧は日中に比べて下がるものですが、
    下がらずに血圧を維持したまま上昇し朝を迎えてしまいます。
    加齢を重ねると増えていく傾向にあります。

  •  

    高血圧気味の方は、起きる時は急激に動いたり温度差にも注意しましょう。

  • 一般的な高血圧と同様に、早朝高血圧の症状も自覚しにくいようです。

  • 脳梗塞や心筋梗塞、心臓関連の突然死の発生時間は早朝から午前中に多いことから早朝高血圧が深く関与していると考えられています。
    出典 :家庭血圧測定で早朝高血圧を見つけ脳梗塞や心筋梗塞を予防しよう | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け
  • 普段から自宅で血圧を測っている方は、
    朝の血圧をチェックしてみるのも良いのかも知れません。