若い女性に多い買い物依存症とは!?

若い女性に多い買い物依存症
抜け出さないと大きな借金を抱える事になりますよ!?

view209

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 該当しませんか?

  • 1.過去の買い物体験を生き生きと思い出したり、次の買い物計画を立てるのに固執することがある。 2.どんどん高額な物を買いたくなる 3.買い物を止めたり、その金額を減らす努力をしたことがあるが失敗た。 4.買い物を止めたり、その金額を減らそうとすると、イライラする。
    出典 :買い物依存症
  • 6.買いそびれた品物を後日、探し求めに行くことが多い。買い物に執着していることを隠すために、家族や友人にうそをつく。 7.買い物資金を得るため、、盗みや詐欺など、非合法は行為をしたことがある。 8.買い物にのめり込みすぎて、大切な人間関係や、仕事を失ったことがある。
    出典 :買い物依存症
     

    これらに当てはまっていませんか?

  • 買い物依存症とは

  • 精神疾患の一つであり自身にとって不必要、あるいはすでに同様の物を所持しているにもかかわらず多数の物品を購入してしまうという症状。買い物依存症の主な原因としてはストレスが挙げられており、イライラしたり不機嫌になる毎にデパートなどに行き買い物をし、物質的に満たされるという快楽を得ることで心を癒している。
    出典 :買い物依存症 - Wikipedia
  • 比較的女性の方が買い物依存症に陥る傾向が高い。対して男性の場合は同様のストレス解消の手段としてギャンブルを行っており、その症状はギャンブル依存症と呼ばれている。自身の経済力を省みずにブランド品や高級品を購入してしまいカード破産やローン破産に陥ってしまったという事例も存在する。
    出典 :買い物依存症 - Wikipedia
  • 快感のツボ

  • 男性が、プラモデルのような大好きな趣味の品物を箱買いしたり、安い品物をかかえきれないほど購入して快感を得たりというのは、女性では稀なのです。一方、買い物依存の女性はたいてい店員さんがいる高級店で、買い物をすることが多いです。それは“お姫様のように”扱ってくれるからです。
    出典 :若い女性にとても多い「買い物依存症」から抜け出す方法【前編】
  • 居心地の良い店内では、「いらっしゃいませ」から始まり「こちらはいかがですか? とてもよくお似合いです」と褒められ、「ありがとうございました。またぜひお越しくださいませ」と姿が見えなくなるまで頭を下げていますよね。これ以上の“お姫様扱い”が他にあるでしょうか? 女性はこのような扱いを快感だと感じてしまうのです。
    出典 :若い女性にとても多い「買い物依存症」から抜け出す方法【前編】
  • 症状はコチラ

  •  

    女性に多い買い物依存症には、以下のような症状が見られるようです。あなたに当てはまる項目はありますか?

    (1)特に欲しいわけでもないのに、服やブランド品を次々と買ってしまう

    (2)お金がなくても、借金をしてまで買い物をしたくなる

    (3)買ったものを身につけたり、使用することが少ない

  • 購入したものはたいてい放っておく
    日常生活の不満やストレスが多い
    いけないと思っていても買い物を辞められない
    依存してしまう女性は、買い物をすることが
    快感で、なかなかやめられないのです
    出典 :若い女性にとても多い「買い物依存症」から抜け出す方法【前編】
     

    買い物依存症はこんな症状があります

  • 週3日以上が目安

  • もちろん購買欲求は誰にでもあるが、週に3日以上、それも日に数時間も「買いたい」「どうしても欲しい」という思いにとらわれて、その間、ほかのことに集中出来なかったり、我慢するのがとても不快であったりしたら、正常とは言い切れない。
    出典 :買い物依存症
  • だが実際には本人の苦しみも大きい。アルコール依存症の禁断症状のように、買い物衝動を我慢するのは苦痛だし、かといって買ってしまえばあとから激しい自己嫌悪に襲われる。買い物を繰り返すために消費金融などから借金を重ねて生活が破綻してしまう恐れもある。“まぜそんなに買うのか”と責めるのは本人を追いつめるだけ
    出典 :買い物依存症
  • 違いをしろう

     

    熱中と依存のちがいは? 買い物の場合、自分の給料の範囲内にとどまっていれば、単なる浪費にすぎず、その人のライフスタイルといえる。ただ、食費を切り詰めてまでブランド品を購入するうようになったり、借金してまで買い物するようになったら、依存に近くなるそうですよ