熱中症対策に!!「携帯型熱中症計」

みなさん「熱中症計」という物をご存知でしたか?これから暑い夏がやってきます。自分の身を守るためにも持っておいた方が良いかもしれません。

view143

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「熱中症計」と言う物があるのを初めて知りました。
    熱中症は倒れてから「あ、私熱中症になってたんだ」と実感する人が多いと聞きました。
    特に子供は自分の危険など全く分かりません。
    これから暑い夏がやってきます。
    自分や家族を守るためにも「熱中症計」は持っておいた方が良いのかもしれません。

  • 熱中症は危険!!

  •  

    夏の日差しが強い日などよく熱中症患者が出たとニュースで見ます。
    やはり一番多いのは子供とお年寄りがなりやすいです。
    熱中症がいかに危険かまとめました。

  • そもそも『熱中症』というのは通称であって、一般的には暑熱環境によって生じる健康障害のことを総じて『熱中症』と呼ぶことが多いようです。暑熱障害には軽いものから順に『熱失神』、『熱疲憊(ねつひはい)』、『熱痙れん』、『熱射病』などの症状があり、狭義では熱射病イコール熱中症とされています
    出典 :熱中症 早めの対処が死に至る危険を防ぐ / SAFETY JAPAN [特集] / 日経BP社
  • 熱中症発生温度の目安
    32℃~(危険)じっとしているだけでも発生する危険があります。外出を控えたり、暑熱対策を積極的に講じる必要があります。

    27~32℃(厳重警戒)発生数が最も多い水準です。発生の予防策を十分にとる必要があります。

    24~27℃ (警戒)労働現場や日常活動時にも発生しやすくなります。十分に注意する必要があります。

    ~24℃(注意)マラソン等の激しい運動では発生する危険がありますので、注意を怠らないでください。

  • 熱中症の症状

    1度(熱失神・熱けいれん、現場での応急処置で対応できる軽症)
    めまい、失神、筋肉痛、こむら返り、大量の発汗
    出典 :熱中症|熱中症の症状・対策・予防 - 病気・症状チェック
  • 2度(熱疲労、病院搬送が必要な中等症)
    頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐(おうと)、倦怠(けんたい)感、虚脱感
    出典 :熱中症|熱中症の症状・対策・予防 - 病気・症状チェック
  • 3度(熱射病、入院して集中治療が必要な重症)
    意識障害、けいれん、手足の運動障害、体に触ると熱いぐらいの高体温
    出典 :熱中症|熱中症の症状・対策・予防 - 病気・症状チェック
  • 熱中症になってしまった場合の応急処置

    1、 涼しい日陰やクーラーの効いた室内などに移動する
    2、衣類をゆるめて休む
    3、体を冷やす
    4、水分を補給する

    反応が鈍い、言動がおかしい、意識がはっきりしない、意識がないといった場合はすぐに救急車を呼びましょう。

    症状が軽く回復した後でも必ず病院へ行ってください。

  • 携帯できる熱中症計

  •  

    散歩や子供が外で遊ぶ時に持たせる事が出来る「携帯様熱中症計」。
    見た目はたまごっちの様ですね。

  • 気温と湿度を計測し、独自の計算手法で「熱中症指標値」を算出。「危険」「厳重警戒」など5段階の危険度ランクをLEDランプとブザーで知らせる。
    出典 :携帯できる「熱中症計」、1050円で日本気象協会が発売 - ITmedia ニュース
     

    日本気象協会が発売したものらしいです。
    やはり、夏場の熱中症患者は多いみたいですね。

  • 室内・屋外での作業時、スポーツをする方・観戦する方、散歩やウォーキング、反射熱を浴びやすい小さなお子様、体温調節が難しい赤ちゃんやお年寄りの方などにおすすめします。
    出典 :熱中指標計|熱中症予防対策に熱中指標計見守りっち
     

    私も小さい子供がいるので是非持たせたいですね。