「サンバーン」日焼けは、皮膚の炎症です!!皮膚科で日焼けの治療をしましょう。

日焼けは皮膚炎の一種。日焼けしてしまったら、皮膚科で日焼けの治療をしましょう。

view271

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日焼けのしくみ

  • 日焼けの治療を考える前に、まずは日焼けとはどんなしくみなのかを知っておきましょう。

  • 日焼け(ひやけ)は、紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす症状(サンバーン sunburn)と、メラニン色素が皮膚表面に沈着すること(サンタン sun tanning)である。
    出典 :日焼け - Wikipedia
  • 一般的に日焼けというと、黒くなる「サンタン」を指します。

  • 日焼けした健康的な肌は魅力的ですが、焼けすぎると肌のトラブルになります。特に、炎症であるサンバーンは注意!

  • サン(太陽)バーン(火傷)日焼けは簡単にいうと一種の軽い火傷と同じです。
    出典 :日焼けとは?
  • そのため、皮膚科で治療を受けることが望ましいとされています。
    また、紫外線の影響は炎症だけではありません。

  • 紫外線は、この他にも、お肌にとって好ましくない、シミやシワなどを作り出す原因にもなります(光老化)。
    出典 :日焼けとは?:全薬工業株式会社
  • 自分でアフターケアすることはもちろんですが、気になる方はやはり受診をおすすめします。

  • 日焼けの治療はどんなことをするの?

  • 炎症を抑えるため、ステロイド外用薬で治療します。痒みや痛みなどの症状によって、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、消炎鎮痛剤などを使います。
    出典 :やけど(火傷)・日焼け|皮膚科|新宿駅前クリニック
  • あまりに炎症が強い場合は、ステロイドの内服薬で治療することも。

  • このようにひどい日焼けをしないように、日常的に日焼け止めで予防することも大切です!