不妊症が増加している理由とは何か

不妊症が増加している理由とはどのようなものなのでしょうか。
近年、不妊治療に訪れる方が増加し続けている理由には、体質や環境が深く関係しています。

view187

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生活や環境の変化が増加の要因

  • 現在主流となっている生活スタイルや環境が不妊に深く関係しているとも言われます。それが不妊を増加させているわけです。

  • 冷えは妊娠にも大敵

  • フライヤーを置きにきました!!
    前回会場のmignonさん!

    女の人には特にからだをあっためて欲しね、とガールズトーク。

    最近不妊症が多いのも、多くは身体の冷えが原因なんですって。 http://t.co/0O1u6B7bVi
     

    女性の多くが普段から抱えている冷えの悩みは、不妊にも影響があるようです。

  • 不妊症など女性の身体の調子に大きな影響を及ぼす冷え性

    この冷え性の原因として現代の食生活が考えられます
    添加物・精製食品・食生活の乱れなど何気なく摂っている食べ物の中に
    冷え性の原因がひそんでいるのです
    出典 :冷え性,不妊症対策(食事編)
     

    毎日の食生活の変化で冷えを起こしてしまっているのですね。

  • 男性にも増える不妊因子

  • 更に、高齢女性では不妊症が増えるが、不妊症は女性ではなく男性に原因が あるものが約半数存在することも知られるようになった。 不妊医療もある程度進歩してきている。これらの情報を見て、40才を過ぎても 出産は十分大丈夫と考えている人も多いだろう。・・・しかぁし!
     

    男性が担う不妊要因の割合は実は女性と変わりありません。

  • つまり胎児期に胎内で母体の摂取した環境エストロゲン様物質が精巣における造精機能を抑えてしまい、結果的に小児期から精子が減少してしまうのです。 また社会環境やストレス、活性酸素が精子減少の誘因になっているとも考えられます。
    出典 :Fertility Clinic Tokyo ファティリティクリニック東京 - 一般不妊治療
     

    ストレスフルな社会に生きることが、精子量にも影響を及ぼしているのです。

  • 女性の社会進出がタイミングを失う

  • 衆議院、内閣委員会で「不妊症は病気じゃないので保険適用は難しい」ということでした。病気から不妊症になるケースは触れられませんでした。経済的な理由で結婚&子供を産むことに躊躇する若者の増加、そのため年齢があがってきて妊娠のチャンスの幅をせばまってしまうことなど #kounotori
     

    働きたい女性も増えたことによって、妊娠のチャンスだけでなく結婚そのもののタイミングも先送りにしているという説です。

  • 会社を1年近く休むと、家計も苦しくなるし、会社に迷惑をかけてしまう。そう思ってしまう女性は多く、出産するのを控えるという傾向はどうしても高まってしまうみたいですね。そして、いつの間にか高齢出産とも言える年齢になってしまい、身体の機能が低下して妊娠しにくくなり、結果として不妊症で苦しむという人が増加しているのです。
    出典 :本当に不妊症は増加しているのか?不妊症が増えたように感じる原因 | 様々な原因に対応!自宅で出来る不妊症の改善方法をご紹介します
     

    妊娠・出産が女性の働くチャンスを奪うことは事実です。また、疾患や体質だけではなく、年齢による妊娠機能の減退も要因の1つです。

  • 意外な男性要因

  • 男性の体重が9kg増えると不妊症のリスクが10%増す
    とされています。
     *BMIが25以上の方は要注意!
    <BMIの求め方>
     BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
    身長170cm 体重68kgの人の場合 
     68÷1.7÷1.7=23.529411…
     

    男性のBMI値が高まることが要因の1つとしている説。その理由とは?

  • BMI(肥満度)が高い人ほど、運動率は低くなり運度能力に働きかける酵素が減少します。運動能力が低下することによって、精子の成熟を妨げたり受精能力を低下させることが、アルゼンチンの実験で確かめられています。これらのことから、肥満は精子の質を低下させ男性不妊の原因となることがわかりました。
    出典 :男性不妊【原因・症状】
     

    なかなか興味深い説です。心当たりの男性の方は一度BMI値を算出してみてはいかがでしょうか。

  • 不妊の原因は、現代に生きる私たちの生活の変化によって増加し、またパターンも多様化しています。
    生活のどの部分を優先するか、また妊娠に専念するか否かをまず選択することも考慮に入れるべきなのかもしれません。