プレママ必見!。妊娠中の薬の服用について、知っておきましょう。

妊娠が判明すると、飲んでしまった薬のことが、とても心配になりますね。市販薬であれば、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼすような強い薬はなさそうです。ただし、普段から薬は用量をきちんと守って飲むことを心がけておきましょう。

view51

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 飲んでしまった市販薬は、気にしなくても大丈夫。

  • 町の薬局で簡単に手に入る風邪薬や頭痛薬、胃腸薬などの中に、催奇形性(胎児に奇形を起こす性質)の心配がある薬は、まずありません。
    出典 :妊娠中の薬|プレママタウン
  • 赤ちゃんに障害が出る確率は、薬などの影響がなくても常に3%あります。これは自然のリスク。「安全」というのは、この「自然のリスク以上にはならない」「3%以上にはならない」という意味です。
    出典 :妊娠中の薬|プレママタウン
  • 市販薬は催奇形性(赤ちゃんが奇形や障害を起こす可能性)について調べる義務があり、危険性のあるものは使用できません。ですから、気付かずに飲んでしまったからと言って、過剰に心配になる必要はありませんが、心配事をなくすためにも飲まないことにこしたことはありません。
    出典 :妊娠中の市販薬について-妊娠・出産・育児のママベビ
  •  

    飲んでしまったものは、気にしなくて良いですが、できるだけ飲まないようにしましょう。

  • 催奇形性が問題になりやすい妊娠初期に、うっかり使った薬について「リスクは上がらない」といっているだけで、だからといって、薬をむやみに使ってはいけません。薬は必要性があってはじめて使うものですから、妊娠に気づいたら、産婦人科医で必要な薬を適切に処方してもらうことが大原則です。
    出典 :妊娠中の薬|プレママタウン
  • 貧血ぎみのときは、鉄剤で鉄分をおぎないます。吸収をよくするのにビタミンCといっしょに飲むこともあります。鉄剤は、食べ物に含まれる鉄分と同じですので妊娠中でも安全です。
    出典 :妊娠と薬_02-04
     

    妊娠中でも安全、と言っても、鉄剤を飲んで便秘がひどくなることもあるようです。必ず、医師に相談してから飲むようにしましょう。

  • 医師に相談することが大原則。

  • 一般的に、安全性の高い薬とは、新薬よりも使用実績のある古い薬です。とくに、規模の大きいいくつもの疫学調査で危険性がみつからなかった薬、何十年ものあいだ奇形などの症例報告がない薬は安全性が高いといえます。このような薬は、妊娠中でもほぼ安全に用いることができるわけです。
    出典 :妊娠と薬_02-04
  •  

    医師に相談すれば、安全性の高い薬を処方してもらえるはずです。

  • 持病のある人が使う薬は、注意が必要です。抗がん剤、リウマチ、高血圧、てんかんなどの薬の中には、リスクの高くなるものがあります。
    出典 :妊娠中の薬|プレママタウン
  • 持病を持っている人は、できるだけ妊娠する前に、また妊娠する可能性があることを医師に話して、薬を処方してもらってください。
    出典 :妊娠中の薬|プレママタウン
     

    持病があり、妊娠を望む人は、医師にそれを伝えたうえで薬を処方してもらいましょう。

  • 妊娠しているのですが、目薬は大丈夫?妊娠初期の4週から7週は催奇形性の危険があるため、点眼すべきではありません。妊娠4ヶ月以上だと奇形の危険性は少ないのですが、目薬の薬剤は胎児にも移行しますので、点眼しないに越したことはありません。特に、交感神経や副交感神経系に作用する薬剤は避けたほうがいいです。
    出典 :兵庫県西宮市ふじもと眼科-目の疾患・治療|目薬に関する事
  •  

    内服薬ではないので、つい自己判断で使ってしまいたくなるかもしれませんが、注意が必要です。

  • 市販されている栄養補助食品のサプリメント類は、規定量を守って服用であれば問題ないと言われていますが、ビタミンAに関しては大量に摂取すると、催奇形性があるといわれているので、必要以上の摂取は避けましょう。
    出典 :妊娠中の市販薬について-妊娠・出産・育児のママベビ
  •  

    栄養はサプリメントに頼らず、できるだけバランスの良い食事からとるようにしたいものです。

  • 妊娠全期間は、自己判断で薬を安易に飲むことはさけ、医師に相談しましょう。医師が処方した薬に関しては、長年使用され安全とされている薬です。飲まないことで症状が悪化したり、結果的に赤ちゃんに悪影響を及ぼすこともあるので、納得した上で服用しましょう。
    出典 :妊娠中の市販薬について-妊娠・出産・育児のママベビ
  •  

    催奇形性が心配される妊娠初期ではなくても、薬を自己判断で飲むのは避けましょう

  • 薬は必ずいつでも用法、用量を守って使用しましょう。妊娠の可能性があるときは薬の使用は控えましょう。
    出典 :妊娠中の市販薬について-妊娠・出産・育児のママベビ
  • 薬のことで心配になったら、まず、かかりつけの産婦人科医に聞いてみて、さらに詳しいことが知りたい人は、「妊娠と薬外来」へ。虎の門病院薬剤部医薬情報科(電話03-3588-1111内線3410)で電話予約をとったうえで来院してください。また、かかりつけの産婦人科医から、大きな病院に問い合わせてもらってもいいでしょう。
    出典 :妊娠中の薬|プレママタウン
     

    心配は、一人で抱え込まずに相談してみましょう。