腰痛とは違う!?「ぎっくり腰」とはどんなもの!?

ぎっくり腰とはどのようなものなのか知っておきましょう!突然起きてしまう事があるのです!

view149

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 腰痛とはまずどんなもの?

  • 腰痛という言葉について知らなければいけません。腰痛には様々な種類があります。筋筋膜性腰痛・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱菅狭窄症・腰椎分離症・すべり症etc…
    出典 :【腰痛】ぎっくり腰とは?-急性腰痛症-(Hexenschuss)【疑問】
     

    このように腰痛には色々あるものなのです

  • これらを総称して腰痛と呼ばれます。腰痛の原因は、急な動作をした際に筋肉が傷ついたり、腰周辺の筋肉が疲労して凝り固まってしまっていたり、長時間背骨に負担がかかったり、 加齢などにより骨が変形してしまったり、病気であったりなど挙げられますが、痛みが発生する詳しい原因はわかっていない場合が多いのです。
    出典 :【腰痛】ぎっくり腰とは?-急性腰痛症-(Hexenschuss)【疑問】
     

    このようなものが腰痛と呼ばれるものなのです

  • ぎっくり腰の原因は

  • ぎっくり腰は、突然、腰を襲う激しい痛みです。ぎっくり腰は「急性腰痛症」の代表的な呼び名ですが、急な腰痛を起こす原因の中には、内臓の病気や脊椎の病気などもあります。
    出典 :ぎっくり腰の原因・症状・治療法 [ぎっくり腰] All About
  • 朝の洗顔で、腰をかがめた時や、重い物を持ち上げようとした時など、腰を痛めるきっかけが、はっきりしている人もいますが、中にはきっかけがよくわからない、という人もいます。
    出典 :ぎっくり腰の原因・症状・治療法 [ぎっくり腰] All About
  • 多くの場合は

     

    ふとした動作に伴う時やくしゃみなど腰に激痛が走るきっかけになるのです。姿勢や腰への注意力が低下している時に痛める事が多くなってしまうのです。

  • ぎっくり腰の定義としては

  • (2)ぎっくり腰の定義  ①ぎっくり腰には、正式な、共通の定義がいまだありません。 ②広い意味では、急に生じた腰痛すべてを指します。 ③最近は、やっと、原因として、急性の腰椎捻挫を指すようになりました。  私がこの道に入った30年前は、神経、筋肉、血管、関節、骨その他、色々原因を論じ合っていました。
    出典 :ぎっくり腰とは
  • 腰にも、椎間関節という関節があります。  指や手首や膝などの関節と同じ、普通の関節(関節包、関節軟骨=関節刻面などが揃っている)です。  その関節が捻挫を起こしたのが、狭い意味でのぎっくり腰です。
    出典 :ぎっくり腰とは
  • ぎっくり腰にはどう対処したら良い?

  • 「ぎっくり腰」に、最もなりやすい場面これらの動作をする時は、慎重になることです。 ・体が冷えている時 ・同じ姿勢を長時間続けている時 ・重たい物を持つ時 ・くしゃみ ・自然な姿勢で動作をする時 ・急激に体勢を変える時
    出典 :ぎっくり腰の原因と対処法【はつらつライフ】
  • ぎっくり腰「グキッ」といってしまったら、とにかく安静にすること。 ひざを抱きかかえるように丸まった姿勢で横に寝ます。 できれば、お風呂につかってゆっくり温まり、消炎剤入りの湿布などを貼るといいでしょう。 痛さが激しければ、痛み止めの服用も。
    出典 :ぎっくり腰の原因と対処法【はつらつライフ】
  • 2週間ほど安静にしておくのが理想ですが、どうしても動かなければならない時は、3日目くらいから腰痛ベルトや コルセットを骨盤を中心にして強めに巻いてください。 腹内圧が高まり少しは楽になります。 ただし、長期使用は筋力が弱るために避け、痛みが引かない場合は医師に相談を。
    出典 :ぎっくり腰の原因と対処法【はつらつライフ】
  • ぎっくり腰になったら

     

    体をひねって腰痛のストレッチ体操をしてみるのもよいかもしれません。仰向けに寝て、両膝をたてて、両肩が床から離れないようにして両膝をゆっくり真横に倒してみましょう。倒した状態で10秒程静止しましょう。左右それぞれ10回ずつしてみると効果がありますよ。しかし、無理はしないようにしてくださいね!