家の観葉植物を枯らさずに育てる方法

最近はマンションなどでもベランダやリビングでグリーンを置いている方も増えてきているみたい。でも、ちょっと旅行に行っている間に枯れてしまったり、水をついついやりすぎてしまったという人も多いはず。そんな方に今回は観葉植物の育て方をアドバイスします。

view83

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 植物が枯れてしまう原因No.1は水やり

  • 一番多い勘違いは、水をあげてから数日たってちょっと乾いていそうだったらとりあえず水やりをしておくこと。
    これをしてしまうと、常に鉢の中が水浸しになってしまい、根が腐ってしまうんです。

  • 水やりのコツとしてまず大切なのは、表面の土が乾燥したら水やりをするということなんです。少ない水を1日に何度もあげすぎたことで枯れてしまうというのがよくある失敗です。大切な観葉植物が枯れることをしっかり防ぐため、水やりの正しい頻度を守りたいものです。

    表面の土が乾いてきたら、第一関節まで指を入れてみましょう。水分が感じられなければ、さっそく水をたっぷりそそぎましょう。水が下から少し出てくるくらいしっかり注ぐことが大切です。こうすれば根に水が行き渡り生き生きと育ちます。
    出典 :観葉植物の水やりのコツとは?正しい水やりで上手に育てる方法をご紹介!|WELQ [ウェルク]welk
     

    乾いているかどうかわからないときは、観葉植物の土の中に指を入れてみることみたい

  • 根腐れにご用心

  • 根腐れ(ねぐされ)とは、根っこが腐ってしまった状態のことです。だんだんと根っこが腐っていき株元まで腐っていき枯れてしまいます。
    出典 :根腐れ(ねぐされ)|植物の調子が悪い原因は?
     

    一度根腐れすると、グリーンの回復は難しいみたい

  • 水やりがどうしても苦手な人に朗報

  • 植物水分計サスティー

     

    こんなにオシャレな水分計なら、植物にさしてもインテリア性を損ねません

  • 観葉植物の専門業者もお墨付き

  • GOOD GREENはキャビノチェ社と業務提携し、植物用水分計Sustee(サスティー)の導入を決定しました。サスティは水やりのタイミングをお知らせする機能を持ち、観葉植物にとって重要な水やりの精度を飛躍的に向上させるプロダクトです。また、グッドデザイン賞・レッドドットといった名だたるデザインに関連する賞を受賞しており、高いインテリア性を誇ります。GOOD GREENでは全てのプランにこちらを導入し、また小売も同時にスタートします。引き続き、GOOD GREENをよろしくお願いいたします。
    出典 :キャビノチェ社と業務提携し、植物用水分計Susteeの利用開始 | 【GOODGREEN】
     

    グッドデザイン賞もとっているみたい

  •  

    色もサイズもたくさんあるみたい