統合失調症の前駆症状

前駆期。経過。発症前の、いくつかの異変。再発前にも起こる前駆症状。

  • S 更新日:2014/04/10

view408

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 前駆期

  • 早期の段階で「前駆期」というのがあります。本当の精神科の症状が始まる前に長い期間少しづつ調子が悪いというサインが出ています。最近の研究では統合失調症のうち8割の方が発病する5年くらい前から調子が悪いということがわかってきました。
    出典 :新宿家族会勉強会
  • 調子が悪いといっても、本当の精神科の病気ではなくて、集中力の低下。欲動、動機づくりの減少。この病気になる人はその意欲が低下してしまう傾向にあります。そして憂鬱な気分になる。眠れないとか、理由もない不安感を抱く。そして引きこもり。周りに対して勘ぐり深くなる。
    出典 :新宿家族会勉強会
  • 社会的役割機能の悪化というのがありますが、これは例えば会社員の場合など出社拒否、学生の登校拒否、主婦の家事の低下などです。焦燥感の増幅。こういったものが前駆症状として取り上げられます。
    出典 :新宿家族会勉強会
  • 前駆症状=何らかの異変

  • 統合失調症の症状は多彩ですが、大きく分けると「陽性症状」と「陰性症状」の二つのタイプがあります。簡単に違いを述べると、陽性症状は幻覚や妄想など、本来あるべきではないことがあるように起こる症状です。一方陰性症状は、感情の起伏の平坦化、意欲の低下などで、本来あるべきものがなくなる症状です。
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック 統合失調症の症状
     

    主な症状についてです。

  • 陽性症状は病気の急性期に現れ、陰性症状は病気の発症後に徐々に目立ってくることが多いです。なお統合失調症は、これらの症状が現れる前に、何らかの異変(前駆症状)があるものです。それに気付き、早めに治療することによって症状の悪化を防ぐことができます。
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック 統合失調症の症状
     

    上記の続きです。

  • タイプ別の症状。

     

    陽性症状・陰性症状・認知障害。

  • 統合失調症の発症前には、いくつかの異変が見られることがあります。

  • ・夜眠れない(昼夜逆転の睡眠パターンに変化)・部屋に閉じこもるようになる・口数が少なくなる・身なりに構わなくなる・性格が変化する・他人に対して猜疑心が強くなる・人間関係に問題が起こる・イライラしやすくなる・集中力が低下する・成績が急に下がる・奇妙な話し方をする・奇異な行動をとる
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック 統合失調症の症状
     

    異変・変化の内容です。こんなに沢山あります。

  • 例えば突然に学校へ行かなくなり、部屋に引きこもって、服も着替えず、また歯磨きもしない、顔も洗わないなど、周りの人が見て理解できないような行動をとるようになったときは、統合失調症の可能性があります。
    出典 :姫路 心療内科|前田クリニック 統合失調症の症状
  •  

    上記の変化例を読んでわかると思いますが、だんだんと不規則な生活になってしまいます!

  • 再発の前にも、同じような前駆症状が現れることがあります。

  • 身体の病気でも本格的に発症する前に、いろいろな前駆症状が出ることがありますが、統合失調症の場合も同じです。一般的には、不眠などの身体的不調や漠然とした不安や集中困難などといったもので、はじめは本人も家族も精神症状とは思わずに内科などを受診することもあります。
    出典 :心の病気とは 2.病気について 〜精神保健福祉ガイド はあとぺーじ
     

    知っておくことで、再発予防に役立ちます。

  • ストレスを減らすなどして前駆症状の段階で治まることもありますが、病気の勢いが止まらなければ、幻聴や妄想などの「陽性症状」を中心とした「急性期」に進みます。「陽性症状」が次第にやわらぐと、意欲、活動性の低下などの「陰性症状」を中心とした「回復期」に移ります。
    出典 :心の病気とは 2.病気について 〜精神保健福祉ガイド はあとぺーじ
     

    回復期の後は、時間をかけて完全な回復に向かう場合もありますが、そうでない場合もあります。さまざまな程度の障害を残す慢性期もあります。

  • それぞれの時期の長さには個人差があり、必ずしも典型的な経過をたどるとは限りません。「陽性症状」が長時間持続したり、重い障害のため入院の継続を余儀なくされる人もいますが、むしろ少数です。逆に、年をとってから障害が軽くなる人が少なくないことが近年の研究でわかってきています。
    出典 :心の病気とは 2.病気について 〜精神保健福祉ガイド はあとぺーじ
     

    以上が、経過の説明でした。