緑内障の治療について

点眼薬による治療。レーザーを用いた治療。眼球の切開手術。などなど

  • S 更新日:2014/05/10

view142

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 緑内障の治療の基本は「点眼薬」

  • 多くの緑内障では、薬物療法が治療の基本です。現在では、緑内障のタイプ・重症度・眼圧の高さなどに応じて処方されます。点眼薬は、低濃度から高濃度など複数の種類があります。
    出典 :緑内障
     

    点眼薬による治療について。以下に続きます。

  • 複数の目薬を組み合わせて処方される場合もあります。目薬は病状を維持するためのものです。症状が改善しないからといってやめてしまわず、長期的に根気よく続けていくことが重要です。
    出典 :緑内障
     

    点眼薬による治療について。上記の続きです。

  • 点眼薬

  • 閉塞隅角緑内障の治療方法は?

  • 治療の第一選択は点滴や内服、点眼による薬物治療とレーザー治療です。薬物でできるだけ眼圧を下げたあと、排出口を閉じている虹彩にレーザーで孔(あな)をあけ、通りをよくします。この治療をレーザー虹彩切開術といいます。水晶体の変化が病因となることも多く、白内障手術を早めに行う場合もあります。
    出典 :閉塞隅角緑内障 - goo ヘルスケア
     

    点滴。内服。点眼による薬物治療。レーザー治療。

  • 発作が片眼の場合、反対の眼にも予防的治療をします。レーザー治療で眼圧が下がらない場合や、レーザー治療が不可能なほど急性発作の程度が強い場合は、眼圧を下げる薬物治療や手術が必要になります。
    出典 :閉塞隅角緑内障 - goo ヘルスケア
     

    予防的治療。レーザー治療。眼圧を下げる薬物治療。手術。

  • 閉塞隅角緑内障の治療「レーザー虹彩切開術」

  • 治療の第一選択は薬物療法で眼圧を下げた上で、レーザー虹彩切開術をします。 隅角が完全にふさがっていないときは、虹彩に強いレーザーを照射して小さな孔(1mmくらい)を開け、房水が後房から隅角にスムーズに流れるようにしま す。
    出典 :原発閉塞隅角緑内障(げんぱつへいそくぐうかくりょくないしょう) |ボシュロム・ジャパン
     

    「レーザー虹彩切開術」について。以下に続きます。

  • こうすることで虹彩の前後の圧が等しくなり、隅角をふさぎかけていた虹彩が元の位置に戻り、隅角は広がります。急性発作のとき以外にも、発作の危険性 があるときは予防的に虹彩切開術を行います。この治療は痛みがなく、外来で行うことが可能で、入院の必要はありません。
    出典 :原発閉塞隅角緑内障(げんぱつへいそくぐうかくりょくないしょう) |ボシュロム・ジャパン
     

    「レーザー虹彩切開術」について。上記の続きです。

  • 点眼薬治療で改善されなければ、レーザー治療になります。
    全ての緑内障で行われるとは限りません。
    眼科医と相談しながら決める形になります。
    メスを使わない方法(レーザー光を使用したもの)で、眼球を切開しない方法です。

  •  

    手術前の検査で使用されている機材。

  • 手術が必要な場合。

  • 点眼治療でもレーザー治療でも改善されなければ、手術しかありません。
    手術の内容は、眼球を切開し、房水の流れをつくります。

  • 治療は急性型と同様に、レーザー虹彩切開術が第一選択で、それによっても眼圧が下がらない場合は薬物治療や手術が必要です。慢性型は中期〜末期の進行した時点で初めて発見されることも多いことから、手術治療が必要になることが多いという特徴があります。
    出典 :閉塞隅角緑内障 - goo ヘルスケア
     

    手術に関して。