背中が曲がる症状の病気とは一体どんなものなのでしょうか?説明と治療法のご紹介


背中が曲がる病気には円背(えんぱい)、猫背などと呼ばれる脊椎後弯症(せきついこうわんしょう)や側湾症(そくわんしょう)という病気があります。

view157

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • はじめに

  • 背中が曲がる病気には円背(えんぱい)、猫背などと呼ばれる脊椎後弯症(せきついこうわんしょう)や側湾症(そくわんしょう)という病気があります。背中が曲がることを、円背(えんぱい)と言います。
    高齢者の場合は骨粗しょう症による脊椎骨折などがあります。

  • 脊椎後弯症(せきついこうわんしょう)とは

  • 脊椎後弯症(せきついこうわんしょう)とは
    ◇ 症状
    円背、猫背などと呼ばれ背骨がS字に曲がりうつむいた姿勢の状態のこと。逆に前へ曲がる症状は脊椎前弯症と呼ばれます。

    ◇ 原因
    普段の姿勢が正しくない場合と病気などによる場合があります。他の病気が原因でなる場合はその病気の症状によって別の病名が付けられている場合がございます。

    ◇ 姿勢が正しくない場合
    普段猫背の姿勢を多くとっている場合大きく背骨が曲がってしまう場合があります。
    先天性脊柱後弯症(せんてんせいせきちゅうこうわんしょう)
    生まれつき背骨に異常がある方です。成長するにつれて悪化する場合もあります。

    ◇ 治療法
    原因によってそれぞれ変わります。軽度の場合は運動療法や装具を使用します。重度の場合は手術が必要になることがあります。マッサージでの効果が少ないのが現状です。

    ◇ 予防・対策
    脊椎後弯症になった場合は専門家の指示通りに治療に専念することをおすすめします。とても治療に時間がかかる場合が多いので強い気持ちを持つことをおすすめ致します。

  • 側湾症(そくわんしょう)とは

  • ◇ 症状
    脊柱側弯症または後弯症や前弯症の場合も含まれることがあります。背骨が横や前、後ろに曲がる症状でねじれも加わる場合もあります。

    ◇ 原因
    原因がはっきりしている場合と分からない場合がございます。原因が分かっている場合は機能性側弯と呼ばれており、姿勢が悪い場合や両足の長さにずれがあることが原因です。
    原因が分からない病気としまして先天性側弯症、神経・筋性側弯症、特発性側弯症などがあげられます。この特初性側弯症の場合成長期に発症する場合が多く特に女性の方が発症されます。

    ◇ 治療法
    運動療法があります。症状が軽い場合は進行が悪化しないように定期的に観察します。症状が中度の場合は装具を使用し矯正する方法です。重度の場合は手術で治していきます。

    ◇ 予防・対策
    現在予防するはっきりした方法は見つかっておらず、早めに病気を発見することが大切になっています。
    普段の生活で正しい姿勢をとる必要があります。ただ完治するまでには至らないので専門家の経過観察が必要となっています。
    側弯症の場合みなさんが同じ様に進行が悪化せず症状が軽い状態で成長期が終わります。

  • 骨粗しょう症(こつそしょうしょう)とは

  • 骨が弱くなり骨折する危険性が高くなる病気のことです。
    この病気になると骨の中に空間ができて弱くなり、少し転んだだけで骨折しやすくなります。

    ◇原因は
    骨は、古くなると新しい骨へと日々生まれ変わっています。このことを「骨形成」と呼んでいます。
    女性ホルモンの中には骨形成のバランスを良くする働きがあります。
    女性が年齢を重ねると女性ホルモンが少なくなります。すると骨形成が上手くいかなくなるので骨がだんだん弱くなっていきます。

    ◇症状は
    骨粗しょう症はゆっくり病気が進んでいくので変化に気付きにくい病気です。
    身長が少し縮んできたり、姿勢がだんだん悪くなってきたり、または背中が曲がるような症状が出てきます。

    ◇骨粗しょう症の治療は
    食事で治す場合は栄養バランスのとれた食事を取るようにします。
    運動で治す場合は骨をなるべく強くしたり筋肉を鍛えたりします。
    薬で治す場合は骨を強く、折れにくい成分の薬を定期的に飲んで治します。

    ◇予防・対策は
    症状があらわれる前に栄養のバランスが取れた食事を心がけ、骨が折れにくいように筋肉ができるだけ弱くならないように運動するようにします。

  • まとめ

  • 背中が曲がる病気は脊椎後弯症や側湾症、老人の方に多い骨粗しょう症が原因によるものなどがございます。
    この病気の多くは治るまでに多くの時間がかかるということです。ただあきらめずに焦らずゆっくり治療していくことが大切かもしれません。

  • 猫背改善ストレッチ