厚生労働省に保障されている!マジンドールとは☆

サノレックスとも言われているものですが!
これは食欲抑制剤のようなのです☆

view173

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • マジンドール

  • マジンドールは、厚生労働省に効果を保障されている食欲抑制剤で、サノレックスともいう。マジンドールを服用すると脳の満腹中枢が刺激されるので、自力ではコントロールしにくい食欲を効果的に抑えることができる。
    出典 :【マジンドール】食欲抑制剤の1つでサノレックスともいう | ダイエットSlism
     

    手軽ではないのですね!

  • サノックスともいう

     

    マジンドールとは、食欲を抑える効果をもつ薬剤のことで
    サノレックスともいうそうです!
    スリーエフやゼニカルなど、食欲抑制の効果をもつ薬剤は
    他にもたくさん出回っていますが
    厚生労働省に承認されており効果の確実性や
    安全性に信頼がおけると言えるものは
    未だマジンドールに限られているのです☆

  • Q&A

  • マジンドールを内服するとなぜ食欲が低下するのですか?
    人の食欲は、脳の視床下部という部分にある「腹内側核」「外側視床下野」「傍室核」で調整されています。異常な食欲はそれらの部分の異常でおこることが知られています。
    出典 :「マジンドール」ダイエット|ダイエットの法則
  • 保険はきかないのですか?
    BMI35以上の高度肥満の場合は、保険が適応されます。
    高度肥満でない場合は、保険はききません。保険外診療で利用してください。
    出典 :「マジンドール」ダイエット|ダイエットの法則
  • マジンドールは指導する医師の力量により効果に大きな差があります。患者の肥満のタイプ分析、肥満に至る経緯、基本的な体質、食への嗜好性、基礎疾患、他に内服している薬との相互性などを考えた上で、利用方法を考慮します。
    出典 :「マジンドール」ダイエット|ダイエットの法則
     

    色々なお医者様がおられますね!

  • 注意も必要

  • 副作用があり(眠気・頭痛・吐き気・便秘・ロの渇き・不眠など)、また依存性があるため、服用を止めるとリバウンドが起こりやすいという欠点があります。他の抗肥満薬に比べれば、比較的安全な薬剤といえるが、医師の監督下に使う必要があります。
    出典 :マジンドールとは?
  • 最近海外でよく使われる抗肥満薬は、オルリスタットです。この薬は腸管から分泌されるリパーゼを阻害し、食品中の脂肪分の吸収を抑制する作用をもちます。ただし、脂溶性ビタミンの吸収を抑制するので注意が必要です。
    出典 :マジンドールとは?
     

    一長一短でしょうか!

  • 対象は

  • マジンドールが処方されるべき対象は、BMI値が35を超えている高度肥満者と決められている。 「高度肥満者には該当しないけれど、ダイエットサポートのために欲しい」というような人は、残念ながら処方対象にはならない。また海外の通販ショップから個人輸入するといった方法も不可能なので注意。
    出典 :【マジンドール】食欲抑制剤の1つでサノレックスともいう | ダイエットSlism
  • ルールを守る事!

     

    マジンドールの服用量は1日に1~3錠
    服用期間は2~3ヶ月が目安とされています
    早く肥満から抜け出したいからと大量に服用したり
    何年も続けて服用したりすると、副作用のリスクが
    高まるので注意☆
    また身体依存性があるので、継続服用したいならば
    半年ほどブランク期間を設けてからにすることが理想です!

  • 費用

  • 体重管理指導を行っている病院でもらうのがいいでしょう。「健康」もテーマとしてダイエットしたいのなら内科へ、「美容」をテーマでダイエットしたいのなら美容外科へ行ってください。ただし、保険診療と自由診療の併設は禁止されていますから、あらかじめ電話で確認しておくのがいいでしょう。
    出典 :「マジンドール」ダイエット|ダイエットの法則
  • 保険医療は適用されませんので、価格は医療機関により異なります。医療費総額に締める薬剤費の割合などを考慮すると、マジンドール1錠1000円前後が妥当と思われます。医療機関によっては、薬剤そのものの価格は安くして、他に診察料、処方料などを加えるところもあります。
    出典 :「マジンドール」ダイエット|ダイエットの法則