歯科矯正は医療費控除になる?歯科矯正をしたら税金を減らせるってホント!?

歯科矯正は医療費控除の対象になるのでしょうか?医療費控除とは?確定申告とどんな関係が?などなど、歯科矯正と確定申告についてまとめています。

view36

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯科矯正をしたら税金を減らせるってホント!?

  • 1年間(1月1日~12月31日)に医療費を多く支払った人は、医療費控除の確定申告をすることで、納める所得税を減らせる(所得控除できる)可能性があります。
    出典 :歯の矯正やインプラントは医療費控除の対象? [確定申告] All About
  • 歯科矯正・インプラントをした方必見!

     

    なんでも歯科矯正やインプラントをすると、税金を減らせる可能性があるとのこと。歯科矯正やインプラントを受けた方にとって、非常に気になる話ですよね!果たしてこの話は本当なのでしょうか?

  • 歯科矯正も医療費控除の対象に?

  • 歯科医師による、健康保険が適用されるような基本的な治療の費用は医療費控除の対象になります。
    出典 :歯の矯正やインプラントは医療費控除の対象? [確定申告] All About
  • 矯正担当医が「かみ合わせが悪くて機能的な問題があるので矯正治療が必要」と診断し、確定申告で診断書を提出すれば、医療費控除を受けられます。
    出典 :医療費控除について - 歯の矯正の場合 | 矯正歯科ネット
  • 歯の基本治療は医療費控除の対象に

     

    噛み合わせが悪いなど、歯の基本治療として歯科矯正を行う場合は医療費控除の対象となり、税金を減らす事ができます。しかし歯を綺麗にしたい、など審美目的の場合は対象にならない可能性もあるようです。

  • 具体的に医療費控除の対象となるケース

  • 発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正や、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて、社会通念上その矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。
    出典 :矯正治療(歯列矯正)の医療費控除
  • 逆に、審美目的・美容目的・予防目的とみなされた場合は、医療費控除の対象とはなりません。
    出典 :矯正治療(歯列矯正)の医療費控除
  • 担当医師に診断書を書いてもらうと確実

     

    実際に治療目的で歯科矯正をしたのに、確定申告の時に認められないこともあります。その場合は担当医師に診断書を書いてもらうと確実なようです。

  • そもそも医療費控除って何?

  • 医療費控除制度とは、1月から12月までの間に、本人または家族が支払った医療費が10万円を越える場合に、確定申告をすれば税金の還付が受けられる制度です。
    出典 :矯正治療(歯列矯正)の医療費控除
  • ・歯列矯正にかかった費用(基本料金・診断料・ワイヤー調整料など)
    ・通院費(子供の矯正で父母の付き添いが必要な場合は、父母の交通費も対象)
    出典 :矯正治療(歯列矯正)の医療費控除
     

    このような費用が医療費控除の対象になります。

  • 歯科矯正はお金がかかります・・

     

    保険適用内であっても安い!とは言えない歯科矯正。しかし1年間にかかった費用が10万円を超えた場合は、医療費控除の対象となります。通院費も対象になりますが、自家用車で通った場合は対象にならないようなのでご注意くださいね。

  • 歯科矯正でかかった費用を医療費控除するには?

  • 医療費控除制度を利用しようと思った場合には、きちんと領収書をもらっておきましょう。
    出典 :矯正治療(歯列矯正)の医療費控除
  • 医療費控除を申請するためには、2/16~3/15の確定申告時に、所轄税務署へ以下のものを持っていく必要があります。
    出典 :矯正治療(歯列矯正)の医療費控除
  • ※医療費控除の手続きに必要なもの
    ・家族全員の1年分(1/1~12/31)の医療費の領収書
    ・交通費のメモ(氏名、理由、日付、交通機関を明記しておきましょう)
    ・印鑑
    ・源泉徴収票(給与所得者分)
    ・(専門医の診断書が必要な場合もあります)

  • 医療費控除を賢く利用しましょう♩

     

    基本的な歯科矯正は、医療費控除の対象になることが分かりました。決してお安くはない歯科矯正費用。領収書を忘れずに保管して、賢く医療費控除を利用したいですね。