その足の痛み、「痛風の初期症状」かも!

view3616

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 足の痛みから痛風だったことが発覚することがあるようですが、痛風の初期症状はどんなものがあるのでしょう?中高年の男性ばかりがかかる病気ではありません。初期症状には、どんなものがあるのでしょう?

  • 痛風の初期症状

  •  
  •  
  • 痛風の初期症状のほとんどは親指の付け根部分が痛むことです。
    痛む患部を見てみると赤黒くなっていませんか?はじめは「捻挫?」と思うようです。
    痛みがあるのは親指の付け根なのですが、膝から下がなぜか赤く腫れていたりすることがあるようです。

  •  
  • 痛風か判断できない

  • 足が痛いことなんて、誰でもよくあることです。痛風かどうかを判断するのは健康診断の尿酸値や変色、痛む場所変色の場所などです。しかし、痛風の初期症状の30%は「親指の付け根」の症状から始まらない場合があります。その時の発見は自分では難しいでしょう。

  •  
     

    これは痛風でしょうか?
    の質問です。

  •  
     

    この方は、いつ痛んでもいいように、「マイ松葉杖」を持っているそうです。

  • 痛風の初期症状として考えられることをまとめました。

  •  
  •  
  •  
  •  
     

    普段から、健康診断などで「尿酸値が高い」などと言われていなければ、ほかの原因も考えてみましょう。

  •  
  •  
     

    親指の付け根が赤黒く変色しています。
    痛風の特徴です。

  • 痛風を防ぐには、腹八分目と、バランスの良い食事、水分補給です。
    もちろん、ストレスや精神状態も健全に保つことが大事です。
    健康診断をきちんと受け、自分の尿酸値がどのような状態なのか把握しておくことも大事です。