アルブミンは健康に長寿の秘訣でもある

重要なタンパク質のひとつである
アルブミンは長寿の秘訣だとも言われているようなのです!

view246

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アルブミン

  • ■アルブミンとは?アルブミンは血漿タンパクの約6割を占める血中で最も重要なタンパクの1つである。分子量は、約66200である。
    出典 :アルブミンとは?
  • 健康診断でアルブミンを測る場合、総蛋白と同様に血液検査から測定します。アルブミンは血液中を流れるタンパク質の約50~65%を占めており、血液1dL中3.8g以下になると栄養状態が低下しています。65歳以上に油脂類と動物性タンパク質の摂取を、魚と肉で均等になるように栄養指導したところ、アルブミン値が改善した
    出典 :http://www.h-nc.com/cat36/post_94.html
  • 基準値は?

  • 健康診断でアルブミンを測る

     

    アルブミンの基準値は「3.8~5.2g/dL」です。体験者のアルブミンは「4.9g/dL」で基準値内でした。前回の「4.8g/dL」より少し上昇しています。

  • 低下する原因は

  • ・肝臓の機能低下
     -アルブミンは肝臓で作られていますので肝機能低下はダイレクトにアルブミンに影響します。
    出典 :03 血液中のアルブミンは健康長寿に大切な成分:健康長寿に生きるノウハウ集!
  • ・腎臓の機能低下
     -腎臓が悪くなると血液のろ過中で、尿の中にアルブミンが漏れ出してしまい、その結果アルブミン量の減少につながります。
    出典 :03 血液中のアルブミンは健康長寿に大切な成分:健康長寿に生きるノウハウ集!
     

    色々な事がわかるようですね

  • ・たんぱく質摂取量が少ない
    -アルブミンはたんぱく質ですので、肉や魚や大豆など食べ物から摂るたんぱく質が十分でないと、アルブミンもちゃんと作れなくなってしまいます。
    出典 :03 血液中のアルブミンは健康長寿に大切な成分:健康長寿に生きるノウハウ集!
  • このようにアルブミン量が少ない状態が続くと・・・【心筋梗塞や脳梗塞】など命にかかわるような血管の病気も起こりやすくなり、さらに免疫力の低下も招いてしまいます。アルブミン量が少ない人は、病気にかかりやすく肺炎など重症化する病気になりやすくなってしまいます。
    出典 :03 血液中のアルブミンは健康長寿に大切な成分:健康長寿に生きるノウハウ集!
  • 血液検査で分かる

  • アルブミン血液検査とは?アルブミン(ALB)とは、「血清」に含まれているたんぱくの主成分のひとつです。 血清たんぱくは膨大な種類が存在し、実に100種類以上の血清たんぱくの種類がありますが、その大半は以下の2種類のグーループに属している点が大きな特徴であると言えます。
    出典 :アルブミン-基準値・正常値のまとめ
  •  

    アルブミン血液検査では、「アルブミンの血中濃度」と「A/G比」の測定を行い、肝機能や腎機能の働きを確認する指標とします。尚、A/G比は通常アルブミンが67パーセント。そしてグロブリンが33%となっており、A/G比検査ではこの比率をもとにアルブミンの割合を測定します。

  • 働きは?

  • アルブミンは、カルシウムや亜鉛などの微量元素や、脂肪酸、酵素、ホルモンなどと結合します。概して、物質を結合することでアルブミンは安定度が高まります。たとえば、アルブミン1分子は脂肪酸の2分子と強く結合して、アルブミンを更に安定化しています。そして、アルブミンは、これらをからだの必要とする目的部位へ運搬します。
    出典 :アルブミンの働き 一般社団法人日本血液製剤協会
     

    アルブミンの働きをしって、次の検査の時数値をみてみてはいかがでしょうか