食べた後が怖い?「食後低血圧」とはどんなもの?

食べたあと席を立とうとしたら・・・食後低血圧は老人でも怖い症状なのです

view207

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食後低血圧とは

  • 食事後に席を立とうとしたとき、めまいやふらつきを起こしたことはありませんか。もし、そんなことが何度かあったら、「食後低血圧」の可能性があります。食後低血圧とはその名のとおり、食事後に急激に血圧が下がる症状のこと(※1)。食事性低血圧と呼ばれることもあります。
    出典 :知っておきたい「食後低血圧」 | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
     

    このように呼ばれているものですが、結構危ないのです

  • 高齢者では

     

    この食後低血圧によって転倒し、怪我をしてしまうという事があるのです。危ないですよね。原因をしってしっかり対策をしっかりしておきたいですよね

  • 自然現象でもある

  • 食事が原因で血圧が一時的に低下するのは異常ではなく、むしろ自然な現象です。問題なのはその低下の幅で、重症な患者さんの場合失神することも。特に歩いている際に失神したため転倒、骨折というケースも存在するのです。
    出典 :食後低血圧【血圧を下げる方法ガイド】
     

    やはり骨折のケースもあるのですね

  • 食後内臓は食べたものを消化・吸収するため、消化器官はフルに活動します。そのため内臓は一時的に血流が増え、その分脳にいくべき血液が減少します。
    出典 :食後低血圧【血圧を下げる方法ガイド】
     

    この結果食後低血圧が引き起こされるのです

  • 典型的な症状は

  • 典型的な症状がめまいやふらつきですが、人によっては強い立ちくらみを起こし、そのまま気を失うこともあります。高齢者の場合にはそのとき転倒して、骨折などの大ケガをすることもあるのでとくに注意が必要です。また最近は、食後低血圧が脳卒中や心筋梗塞のひきがねになる可能性も指摘されています。
    出典 :知っておきたい「食後低血圧」 | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
     

    こんな可能性が示唆されているなら怖いですね

  • 血圧の低下が起こりやすい時間帯は、個人差はありますが、食後30分~1時間程度です。その後は次第に通常の血圧に戻るため、めまいやふらつきが食後低血圧によるものだと気がつかない方も少なくありません。
    出典 :知っておきたい「食後低血圧」 | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
     

    気付かない事もあるのですね

  • 食後低血圧では、めまい、ふらつき、気が遠くなる、失神などが起こります。高齢者が食後にこのような症状をみせた場合は、食前と食後の血圧を測り、食後低血圧が原因かどうかを確かめる必要があります。
    出典 :食後低血圧: 低血圧: メルクマニュアル 家庭版
  • 食後低血圧の症状がみられる人は食前に降圧薬を服用しないようにし、食後は横になって休む必要があります。降圧薬の服用量を少なくしたり、少量の低炭水化物食を頻繁にとることで、食後低血圧の症状が軽くなることがあります。一部の人では、食後に歩くことで血流が改善しますが、歩くのをやめると血圧が低下する可能性があります。
    出典 :食後低血圧: 低血圧: メルクマニュアル 家庭版
     

    このあたりは気をつけたいですね

  • 食前の薬で軽くする事も出来る?

  • 特定の薬を服用して症状が軽くなる場合があります。たとえば、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)は塩分を保持し、血液量を増加させます。カフェインは血管を収縮させます。朝食前にだけとるようにすれば、眠れなくなることも、耐性が生じて効果を得るのに必要なカフェインの量が増えていくこともありません
    出典 :食後低血圧: 低血圧: メルクマニュアル 家庭版
  • 自己判断しない

  • まず自宅で食前・食後の血圧を測定してみましょう。食前・食後ともに、安静状態で血圧を測定しますが、食後は血圧がもっとも低下しやすいとされる食後1時間頃を目安に測定します。その結果、食後の収縮期血圧(最高血圧)が食前よりも20mmHg以上低下する場合には、食後低血圧の可能性が高いといえます。
    出典 :知っておきたい「食後低血圧」 | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
  • 自己判断しない事

     

    血圧の低下が数日続いた場合は、自己判断せずに医師に相談してください。その時自分で測定した血圧の値があると参考になるので便利ですよ