更年期障害のホルモン治療

更年期障害はホルモンの分泌が少なくなるために起こる障害です。では、更年期障害のホルモン治療は効果が期待できるのでは?調べてみました。

view116

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まず、更年期とはなんでしょうか?
    更年期とは、40代、50代になり、卵巣機能が衰え始め、女性ホルモンが減少する、閉経を迎える前後の期間のことをいいます。

  • 更年期を迎えた卵巣は、必要な量のエストロゲンを分泌することが出来ないため、エストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加という「ホルモンバランスの乱れ」が起こります。
    出典 :更年期障害の症状・原因 |40代・50代女性の更年期|病気・症状 チェック
  •  

    更年期障害の症状

  • 程度の差はありますが、女性であれば誰でも迎える体の変化なのです。また、『几帳面で責任感が強い性格』や『ストレスを受けやすい職場環境』の方は、更年期障害の精神的な症状が、より現われやすいので注意が必要です。
    出典 :【更年期障害が5分でわかる!】-症状や対策法を学ぼう。
  • 更年期障害のホルモン治療

  • HRTは、減少したエストロゲン(卵胞ホルモン)を補充する療法です。また、子宮を有する場合には、黄体ホルモン(プロゲステロン)を一緒に投与します。保険適用で、自己負担も少なく、更年期障害の根本的な治療法としてもっとも期待されてます。
    出典 :更年期障害の治療法について|エンジョイ エイジング【更年期障害の情報サイト】
  • ホルモン治療には、飲み薬と貼り薬があります。飲み薬は、胃の調子が悪いと飲めません。一方貼り薬はかぶれるなどの症状が出ると使えません。しかし、貼り薬の方が、直接血液中に吸収されるため、腎臓などの胃腸や肝臓への負担が少ないとされています。

  • ホルモン治療の効果

  •  

    ホルモン治療のパッチ薬

  • のぼせ、ほてり、発汗、手足の冷えなどの更年期消化外の症状や、閉経後数年して発症する性器の萎縮尿失禁などの症状が改善されます。骨のカルシウムの消失を抑制していたエストロゲンの分泌が低下することによっておきる骨粗鬆症に対しては、外からエストロゲンを補充するために効果があるとされています。
    出典 :金山レディースクリニック 更年期障害とホルモン療法
     

    さらに、肌のハリも取り戻せるそうです。やってみたい!

  • ホルモン補充療法(HRT)は健康保険が聞きますので、費用もそれほど高額なものではありません。事前検査の数や種類、その後の治療によって変わってはきますが、一般的には初診の際に、4~5千円、その後は月に2~3千円程度が必要となります。
    出典 :パッチ剤によるホルモン療法 更年期の正しい知識
     

    いくら効果があっても、月に何万円もするようでは諦めるしかありませんが、この程度なら、市販薬を買うのとかわりないかもしれませんね。

  • ホルモン治療の副作用

  • 2002年にアメリカのNIH(National Institute of health)からホルモン補充療法を長期に行うと乳癌と血栓症(心筋梗塞など)のリスクが上昇するので、閉経後のホルモン療法を長期に行うべきではないと言う勧告とも言うべき論文が発表されました。
    出典 :〔更年期〕ホルモン剤の副作用 熊本の産婦人科 森川レディースクリニック |不妊症・更年期
     

    更年期の女性にはホルモン治療は必要だとされヨーロッパでは約50%の女性がホルモン治療を受けています。日本産婦人科学会ではホルモン治療を中止するのではなく、閉経前後の短期間、経過を見守りながら注意深く観察していけば有効な治療法だとしています。

  • 発ガン作用について

  • HRTは卵胞ホルモン(E)と黄体ホルモン(P)の2種類を併用する方法が一般的です。Eを単独で使用した場合子宮体部癌の発生率は増加しますが、Pを併用するHRTでは発生率は逆に減少するとされています。
    出典 :�񓚂S
     

    僅かに乳がんなどのリスクはありますが、黄体ホルモンを併用することで発生率は減らせるそうです。

  • 血栓症のリスク

  • 血栓は血液の流れの悪くなりやすい足の静脈にできることが多く、できると血流がさらに悪くなりますので足(特にふらはぎなど)の痛みを感じるようになります。しばらくするとこの血栓ははがれて血管中を流れて、多くの場合心臓を通って肺の血管に詰まります。
    出典 :〔更年期〕ホルモン剤の副作用 熊本の産婦人科 森川レディースクリニック |不妊症・更年期
  • このような血栓症が、女性ホルモンを服用すると生じやすくなるのです。そのほかにも飛行機のエコノミークラスシンドロームも血栓肺塞栓症ですし、帝王切開の後や整形外科の足の手術の後などにも血栓症は起こりやすいといわれています。
    出典 :〔更年期〕ホルモン剤の副作用 熊本の産婦人科 森川レディースクリニック |不妊症・更年期
     

    血栓は安静にしていると出来やすくなります。動き回ることで、血栓が小さいうちにはがされます。

  • ホルモン治療は、様々な利点があります。女性特有の病気、更年期将棋によって、辛い生活を強いられているなら、受けてみるのもいいでしょう。しかし、副作用や発がん、決戦のリスクについては、医師によく相談し説明を受けてください。