【妊娠初期の出血】無事に出産できる?

妊娠が分かり、喜びを噛み締めていた矢先に出血…
不安で胸が押しつぶされてしまいそうになりますよね。
しかしながら、意外と多くの妊婦さんが妊娠初期の出血を経験しています。ここでは、妊娠初期の出血についてまとめてみました!

view618

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 必ずしも【出血=流産】ではありません!

  • しかし出血=赤ちゃんのピンチとは限りません。妊娠初期の出血(薄茶色のおりものも含める)は、全妊婦さんの3割~半分くらいの人が感じますが、そのほとんどの人は無事に赤ちゃんを出産していくのです。
    出典 :妊娠2ヶ月/出血について
  • 妊娠に気付き喜んだのもつかの間、おりものにまじる程度の少量の出血でも、頭に浮かぶのは「流産」の二文字ですよね。妊娠雑誌等にも「出血=流産の徴候」と書かれていることも多いです。でも実際のところ、妊娠初期に出血がある方って意外と多いのです。それは必ずしも流産につながるものでもありません。
    出典 :妊娠初期の出血
  • 「出血があっても無事に出産できた!」
    実際の声が多数!

  • 出血があっても無事に出産できたよ!

     

    勇気づけられる声は多数あります!

  • 私は妊娠に気づいた時から3ヶ月ぐらいまで不正出血が続きました。私も茶褐色の出血でした。
    先生に相談したところ、初期にはよくある症状なので。。。と言われましたが3ヶ月経っても不正出血がなくならないので、とても心配でした。
    でも、無事に元気な(大きな)赤ちゃんを出産しましたよ!
    出典 :妊娠初期に出血が続いた方に質問です。 - Yahoo!知恵袋
     

    茶褐色の出血が続いた方でも無事に出産されています!

  • 最初、突然、ズボンから漏れるくらいの大量出血をおこして
    「絶対、流産しちゃった・・・」って思って、あわてて病院に行くと
    赤ちゃんは元気で、袋の周りからの出血と言われました。
    出典 :妊娠初期に出血が続いた方に質問です。 - Yahoo!知恵袋
     

    大出血があったにも関わらず赤ちゃんは無事だったとのこと!まずは慌てずに病院に行くことが大切ですね!

  • 妊娠初期の出血の原因とは?

  • 1.月経様出血
    2.切迫流産
    3.子宮外妊娠
    4.胞状奇胎
    出典 :妊娠中の出血 - gooベビー
     

    3、4は母体も危険にさらされる可能性があるため、早期の発見が重要です。

  • 妊娠初期には、出血することがあります。受精卵が着床して、胎盤を形成するまでの間には、侵食による出血が起こるのです。
    出典 :妊娠初期の出血 赤すぐ|妊娠初期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
     

    心配の必要がない出血もあります。

  • 受精卵が着床した時の出血、妊娠月経、絨毛性出血、子宮頚管ポリープ、子宮外妊娠、膣炎、膣びらんなど多くの原因があります。
    出典 :妊娠中の出血と危険性
  • 注意すべき出血とは?

  • 妊娠中の出血は、少量であれば、心配のないことがほとんどです。しかし、出血の中には危険な出血もあります。特に、出血量が多く、腹部に痛みを伴う場合は注意が必要です。
    出典 :妊娠初期の出血 赤すぐ|妊娠初期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
     

    出血量と体調の変化には十分に注意しましょう。

  • 出血があり、同時に下腹部や腰が痛くなるのは流産になる可能性が高いでしょう。
    出典 :第7回 妊娠初期の心配ごと | シアトル情報サイト Junglecity.com
  • 妊娠初期の出血は必ずしも流産に結びつくものではありません。
    しかしながら中には危険を伴う出血もありますので、出血があればすぐにかかりつけの婦人科で診察を受けましょう!