ピンクグレーメイク*可愛らしく、ちょっと大人っぽく

春から流行中のピンクグレーメイク。秋もまた、グレイ×ピンクで可愛らしく、ちょっと引き締めて大人っぽく仕上げてみましょう。ファッションとメイクのバランス、また、似合う色を考えながらコ―ディネイトしましょうね。

view36

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 春先から流行っているピンクグレーメイク

  • *秋冬もまたピンクグレーメイクをちょっと大人っぽくとりいれてみませんか*

  •  

    今年の流行りの色はダスティカラー系。ファッションでも、メイクでもちょっとくすんだピンク、スモーキーな感じが流行りです。
    パステルカラーよりも数段落ち着いた色使いです。靴やバックなどもスモーキーカラーがたくさん出てきています。
    この秋はプラス、グレーメイクを取り入れれば、メイクとファッションのバランスもバッチリとコ―ディネイトできますね。

  • 特に注目すべき色は、グレーの入れ方

  • 今季はシャイニーからメタリック、マットまで質感が選べるのが楽しい。濃いグレーは締まり過ぎてしまうので明るめの色が使いやすくておすすめ。
    出典 :メーク | 美的.com
     

    アイメイクでもグレーメイクが流行中。ファッション業界でも注目のカラ―のようですね。

  • *グレーのシャドウの効果的な使い方*

  •  

    グレーといっても、明るいグレー、ピンクグレー、紫がかったグレー、いろいろあります。濃い色は乗せすぎるとちょっと陰影がつきすぎてインパクトが強くなります。
    また、目元が暗くなりすぎてしまうので使い方に注意。怖い印象をもたれそう。ナチュラルメイクに仕上げたいなら薄い色から重ね塗りしながら使うと上手に仕上がります。

  • 上手に目元を作るコツ

  • グレ―+シルバーでベースを作り、後はピンクなど色を薄めにのせる。そうすると目元に深みが出てGOODです。ピンク単色だとどうしても腫れぼったい感じや、浮いている感じがするのですが、これならば自然なメイクが作れます。

  •  

    グレーで陰影をつけてあげることで、一重瞼でも目元にインパクトをもたらす効果もあるそうです。
    黒のアイラインやマスカラは適度にいれて。あまりつけすぎると目だけ浮いた印象になってしまうのでNGです。

  • 新しくシャドーのセットを購入するときには、単色のパレットではなくて組み合わせしているもの、例えば、グレー×パプ―プル、ピンクなどが何色か組み合わさったものを使うと、色の組み合わせに迷うこともないし、初めて使うときにでも悩まないですみます。

  • リップもピンク・スモーキー系で。

  •  

    口元も今季はスモーキーピンクで仕上げましょう。ナチュラルな雰囲気になります。
    ピンクといってもベージュが強いヌーディなピンクだったら、ちょっと色っぽい口元になるし、赤みが強ければ引き締まったピンクになります。どんな印象に仕上げたいかによって変わってきますよね。
    ちょっと抑えめのスモーキーピンクを使えば、可愛らしくかつ、大人の雰囲気に。

  • 日本人の肌は、ピンク色が映える肌なのだそう。そういった点ではピンクはぜひ定番として一本はもっていたいリップの一つですね。

  • *今年の流行りはグロスではなくちょっと抑えめのマットな質感のリップ色です。チークもふんわりピンク系でさっとはたくだけで明るい肌色に。全体的に抑えめでナチュラルメイクを目指しましょう。*

  • *ここでちょっとパーソナルカラーの話。*

  • 肌の色で似合うピンクの色が違います。

  • 似合う色を身につけると「顔色がよくイキイキとして見える」「色白で肌がきれいにみえる」「若々しくみえる」といったような効果があらわれます。
    出典 :美人度5割増し?!自分に似合うリップカラーの選び方【色選び編】|OKGuide[OKガイド]
     

    たとえば、グレ一っぽい青みのピンクが似合うタイプや、発色の良いピンクが似合うタイプ、それぞれ違ってくるようです。髪の毛の色や、眉の色もメイクの仕上がりに影響してくるので、全体のバランスを見ながら決めていくことが大切。
    流行りの色だからって、似合わない色を使うとなんだか唇が浮いて見えたり、顔色がわるくみえたりしますよね。せっかくつけるのだから似合うものを選びたいものです。

  •  

    顔の色や雰囲気に合わせて選ぶのが似合う色を探すコツです。こういったカラーチャートなどを参考に、ご自分の一番似合う色を探してみましょう。