子供の歯ぎしりの原因

歯ぎしりは大人だけでなく子供もするのです
でも大人の歯ぎしりと子供の歯ぎしりは原因がかなり違うようです
子供の歯ぎしりの原因を正しく理解しておきましょう

view238

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子供の歯ぎしりの原因について

  • 歯ぎしりは、歯が生えたばかりの幼児の頃からみられます。あんなにかわいくて小さい乳歯が生えてきてまだ間もないというのに、がりがりがりがりとものすごい音をたてて歯ぎしりをするためにお母さんがびっくりして来院されることもあります。
    出典 :子供の歯ぎしり
     

    歯ぎしりは大人だけのものではないのですね

  • ほとんどの場合子どもの歯ぎしりは心配することはありません。大人の歯ぎしりと違って成長過程で起こる行動の場合がほとんどだからです。
    出典 :子供の歯ぎしり
     

    子供の歯ぎしりは大人のものと違ってさほど心配はないようです

  • ご存知のように生まれたての赤ちゃんには歯がありません。はじめは「吸う」という動きが主ですが、徐々に上下左右の動きが複雑に組み合わされた「噛む」という動きをするようになります。
    出典 :子供の歯ぎしり
  • そうすると下顎と頭蓋骨は、いつも安定していられる位置を見つける必要があります。そこで本来あるべき場所を探す行動として歯ぎしりをするとされています。つまり、どこか落ち着く位置を見つけるべく下顎がさまよっている状態といえばいいでしょうか。
    出典 :子供の歯ぎしり
     

    かみ合わせを探る段階で歯ぎしりが起きるらしいです

  • さらにもう少し成長すると、今度は顎が大きくなるにつれて乳歯に隙間が開いてきます。こういった咬み合わせのバランスの変化を調節するために歯ぎしりをするといわれています。ですから、この時期の歯ぎしりは成長に即した正常な反応だと考えてよいでしょう。
    出典 :子供の歯ぎしり
     

    子供の歯ぎしりは成長過程の正常な反応なのです

  • 子どもの歯ぎしりは、多くの場合成長とともになくなります

     

    逆にいえば、いつまでも歯ぎしりをやめない子はなにか他の原因も考えられますのでよく検証してみるといいでしょう。

  • 【歯ぎしりする子、元気な子】

  • 「子供が寝ながら歯ぎしりを始めた。大丈夫?」
    実は、こんなお母さんは幸せ者で、今時この「歯ぎしり」ができない子が増えているのです。
    出典 :みんなで子育てBaby&Kids - コラム - 健康
     

    上記で説明した通り、子供が歯ぎしりをするのは正常な事です

  • 歯ぎしりとは、生えてきた歯が上下できちんとかみ合い、すり合わせができるように、体が自然に調節する作業です。大人と異なり、子供の歯ぎしりは病的ではなく、正常な成長をしている証なのです。
    出典 :みんなで子育てBaby&Kids - コラム - 健康
  • 乳歯は全部揃うと20本ですが、4歳頃~永久歯が生え始める6歳頃の成長が著しい時期には、体がぐっと大きくなると共にあごも成長するため、歯と歯の間が開いてきます。これは正常で、上下の歯が今まで通りかみ合わなくなるのを歯ぎしりして自力で調整しているのです。
    出典 :みんなで子育てBaby&Kids - コラム - 健康
  • 逆に最近は、歯ぎしりしない子が増えています。このような子の口は、乳歯が生え揃った時点で歯がすき間なくぴったりと並んでおり、歯ぎしりすることはありません。これは、今までの成長過程で口の機能をしっかり使わなかったために、あごの大きさとかむ力が備わらなかったのです。
    出典 :みんなで子育てBaby&Kids - コラム - 健康
     

    子供に限って言えば、歯ぎしりが無いほうが心配なのです

  • 子供にもしこの傾向があったら、まず食生活を見直しましょう

     

    間食=おやつ=甘いもの=お菓子という方程式ができていたら、これは見直しです。
    間食は「主食で摂取する栄養を補うもの」、おにぎりでもいいのです。

  • おにぎりはかたい食べ物ではありませんが、唾液と混ざらないと飲み込めず、そのためにあごを何度も動かします。これによりあごに適度な刺激が与えられ、適切な成長を促します。
    出典 :みんなで子育てBaby&Kids - コラム - 健康
  • また、食事の前にジュースや糖分を含んだものを与えていませんか?
    空腹時に糖分を摂取すると、血液中の血糖値が上昇、満腹中枢を刺激し食欲が減退、結果、楽に食べられる料理しか選ばなくなります。
    出典 :みんなで子育てBaby&Kids - コラム - 健康
     

    子供に乳歯が生えたらよく噛むものを食べさせないといけないのです

  • きれいな歯並びで、虫歯や歯周病のない口になるためには、あごがしっかり成長することが大切です。

  • 永久歯に生え変わってからも子供の歯ぎしりが続くようであれば?

  • 子供は十代になるとほとんどの場合、すべての歯が永久歯に生え変わります。その後でも子供が歯ぎしりをしているようであれば、大人と同じように、ストレスをため込んで歯ぎしりしている場合があります。学校、特に中学に入ると、子供は人間関係や生活環境の変化のためにストレスを抱え込みやすくなります。
    出典 :子供の歯ぎしりの原因と対策方法 | iGotit
  • 永久歯に生え変わった後も子供の歯ぎしりが続くようであれば治療を考える必要があるのです。
    出典 :子供の歯ぎしりの原因と対策方法 | iGotit