「性器クラミジア感染症の潜伏期間」はどれくらいある?

性器クラミジア感染症の潜伏期間はどの程度あるのでしょうか?リスクはかなり高いのです

view149

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不妊の原因にもなる

  • 性器クラミジア感染症(以下、クラミジア感染症)は、クラミジア・トラコマチスという病原体が原因でおこる性感染症(主に性的接触によって感染する病気)の一つです。世界中で蔓延しているといわれ、日本では最も患者数の多い性感染症です。
    出典 :気づかないまま進行! クラミジア感染症 - goo ヘルスケア
     

    かなり罹患率は高いのです

  • 若い世代は

     

    性行為の経験があったとしても性感染症に対する知識は全くありません。また、興味本位で避妊なしの性行為を行うという事も原因の一つになるのです

  • 性器クラミジア感染症の潜伏期間は

  • クラミジアは一定の〝潜伏期間〟を経て発症することになります。潜伏期間とは、簡単に説明すると、病原体(クラミジアの場合はクラミジア・トラコマチスと呼ばれる細菌の一種)に感染してはいるが、その症状は出ていない状態のことです。
    出典 :クラミジアの潜伏期間は?自然治癒するの?性病クラミジアの落とし穴
     

    この細菌は感染力が非常に高いため注意が必要と言われる所以なのです

  • クラミジアの潜伏期間は1~3週間といわれていますが、2週間前後で症状があらわれることが多いそうです。
    出典 :クラミジア感染症の症状・潜伏期間は?:性病(性行為感染症)勉強会
     

    これくらいの期間があるのです。潜伏期間中の感染は大丈夫なのでしょうか

  • 潜伏期間の間に

  • 潜伏期間で注意が必要なのは感染させた相手の確定だけではありません。自分が他の人に感染させてしまった可能性があることです。自覚症状がないまま他の人に感染させてしまうことが大きな問題となっているように、潜伏期間の間に他の人に感染させてしまうケースもあるのです
    出典 :クラミジアの潜伏期間
  • 3週間前に

     

    うつされてしまった場合、一週間前に他の人と性行為をすれば・・・うつしてしまう可能性もあるわけです

  • 実際にはまだ発症していないので、性交渉をしてもクラミジアは相手にうつらないのではないか…?と、軽くみている人も中にはいるようです。しかし、クラミジア感染症の潜伏期間とは、病原体であるクラミジア・トラコマチスが体内(細胞内)で増殖し発症するのを待っている状態にあると思ってください。
    出典 :クラミジアの潜伏期間は?自然治癒するの?性病クラミジアの落とし穴
  • 感染率は

  • 感染者数は男性よりも女性が圧倒的に多く、その比率は2.4倍にもなります。感染者は1992年に起こったエイズ騒ぎでコンドームの使用が常識化したため、いったんは男女とも低下するかに見えました。しかし男性においてはその後も順調に低下する傾向が見えたのにもかかわらず、女性のクラミジアはまったく反対に大流行しているのです。
    出典 :クラミジアの潜伏期間と感染率は?
  • 女性のクラミジアの感染率は年代によってまったく異なります。最も感染率が高いのは20歳から24歳の女性で約1.13パーセントとなっています。しかしこれは氷山の一角に過ぎません。クラミジアを含む性感染症の場合、よほど自覚症状などが強く出ないと受診にはいたらないケースがほとんどであるからです。
    出典 :クラミジアの潜伏期間と感染率は?
  • ましてやクラミジアの場合半数以上の人は無症状です、特に女性では8割から9割の人が無症状であるというのですから恐ろしい話です。このように検査を受けていない感染者も入れると推定される感染率は10代後半で4.3パーセント程度、また20代前半では6.7パーセント程度となっているのですからこれがいかに驚異であるかわかることでしょう。
    出典 :クラミジアの潜伏期間と感染率は?
  • とくに女性の場合、クラミジア感染症を放置すると腹膜炎や不妊症、母子感染など深刻な影響を受けやすいので、一度でも性行為の経験がある人は、たとえ無症状でも検査を受けるのがおすすめです。
    出典 :気づかないまま進行! クラミジア感染症 - goo ヘルスケア
     

    無症状でも検査を受けるのがとっても良いのです