「ホルモン治療で生理」の関係性について

「ホルモン治療で生理」の関係性についてをまとめたので参考にしてください!

view169

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ホルモン治療で生理不順治療

  • 自分が生理不順だと認識したら、診察を受けます。そして、治療を行うことになるでしょう。その治療法のひとつに「ホルモン療法」があります
    出典 :生理不順.com: ホルモン療法
     

    ホルモン治療と生理はここで関連しているのですね

  • 生理不順の原因のほとんどがホルモンバランスの崩れによるものです。ホルモンバランスの崩れは食生活の偏り、ストレスなどから起こります。ホルモンの体内における量は、生理があるときに大きく変化をします。
    出典 :生理不順.com: ホルモン療法
     

    ホルモンバランスの崩れは気をつけなければなりませんね

  • どのように症状が良くなるのか

  • のぼせ、ほてり、発汗、手足の冷えなどの更年期消化外の症状や、閉経後数年して発症する性器の萎縮(かゆみや性交痛)、尿失禁などの症状が改善されます。
    出典 :金山レディースクリニック 更年期障害とホルモン療法
     

    このような症状が改善されていくのですね。他にも肌に弾力が戻るそうですよ

  • エストロゲンを補充することにより総コレステロール値を低下させることが期待できます。コレステロールには、動脈硬化を早める悪玉コレステロール(HDLコレステロール)が、HRTには善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らすという理想的な効果があるとされています。
    出典 :金山レディースクリニック 更年期障害とホルモン療法
     

    長期間服用した場合にも副作用がないのです

  • いつから始めるべきか

  • 常は、未だ更年期を迎えず、十分活動的で更年期障害もなければ特に始める必要はありません。しかし、20代、30代でも卵巣の機能が不完全で月経が不順な人、または、月経が内皮ともいます。この様な場合には更年期障害と同じ症状がでることもあります
    出典 :金山レディースクリニック 更年期障害とホルモン療法
     

    更年期がずいぶん前におわったとしても、手遅れという事はありません

  • 生理不順は

     

    体調やストレスや、環境の変化によって左右される事があり、個人差があるものです。周期と日数が定期的に来ない生理不順の場合があるので注意してくださいね

  • 必要な理由

  • 月経が不順やないということは、女性ホルモンの分泌が少ないか無いかです。そうであれば女性らしさ(肌、乳房、子宮・膣・外陰部など)が失われるか、発育しないことになるので、それを予防する
    出典 :三宅婦人科内科医院“思春期”
     

    予防する為に必要なのです

  • 時々女性ホルモン剤を使用することにより、脳の中枢に刺激を与えて、自然の周期的な月経が回復するのを促すためです。これは将来妊娠するためにも必要なのです
    出典 :三宅婦人科内科医院“思春期”
     

    将来妊娠するためにも必要なのですね!

  • 副作用はあるの?

  • 、最初のうち軽いはき気や胸の張り、腹部膨満感などが見られることがあります。しかし、こういった症状は服用を続けていくうちにおさまります。また、HRTで太るということについても問題はありません。
    出典 :金山レディースクリニック 更年期障害とホルモン療法
  • 更年期障害

     

    様々な悩みが解消し、食欲が回復して油断し太るという可能性があるので、自己管理はきちんとしましょう