臭い対策として使える!おむつ処理ポット☆

こんな便利なものがあったら良いですよね
臭い対策にはこれが必要です!

view209

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • おむつ処理ポット

  • うんちやおしっこのついた使用済みのおむつは臭うため、できれば他の家庭ごみと一緒にしたくないもの。こうした使用済みのおむつを入れる専用のゴミ箱が「おむつ処理ポット」です。おむつ処理ポットの利点は、ゴムパッキンなどがほどこされていて、臭いがもれないことにあります。
    出典 :おむつ処理ポット [チビタスキーワード] All About
  • 新生児の赤ちゃんのお世話でおむつのつけ替えが頻繁だと、寝室におむつ処理ポットを置いている家庭も多く、臭いをどれだけカットできるかがおむつ処理ポットを選ぶ一番の目安。一つ一つのおむつを専用の袋でパッキンするタイプのものや、市販のスーパーの袋を利用してためておけるタイプなどさまざまです
    出典 :おむつ処理ポット [チビタスキーワード] All About
  • こんなアイテムが売られている

  • におい・クルルンポイ

     

    製品サイズ W295×D250×H450mm
    重量 1.7kg
    ※抗菌衛生フィルムカセット1個付き
    このようなものが売られていますよ

  • におい・クルルンポイ ピンク
    製品サイズ W295×D250×H450mm
    重量 1.7kg
    ※抗菌衛生フィルムカセット1個付き
    出典 :紙おむつ処理ポット におい・クルルンポイ|コンビ株式会社
  • おむつ処理代の節約に

  • 紙おむつ用のゴミ箱は必需品。でも臭いが漏れにくいタイプのおむつ処理器のほとんどは、カセットを交換し続けなければ使えません。このカセット代、1個1000円以上の出費になる上、赤ちゃんが小さい頃はあっという間になくなります。
    出典 :節約できるおむつ処理ポット くるっとポン [ベビー用品] All About
  • おむつが取れるまでにかかるカセット代はかなりの額に。なにかと物入りな時期、この経費をカットしましょう! 今回は、カセットではなく普通のゴミ袋を使うユニークなおむつ処理ポット、くるっとポン
    出典 :節約できるおむつ処理ポット くるっとポン [ベビー用品] All About
  • 気になるのは臭い

  • 「ポン」「くるっ」で、重しがふたにくるっとポンを実際に使用してみたガイド。気になる臭いですが、絶対に漏れないというわけではありません。暑い夏場に一週間ほど溜め込んでから、くるっとポンに顔を近づけて嗅ぐと、さすがにほのかな臭いが。2~3日の間、おむつを溜めるのであれば大丈夫でしょう
    出典 :3/3 節約できるおむつ処理ポット くるっとポン [ベビー用品] All About
  • どうしても気になる場合は、まず小さなビニール袋に使用済み紙おむつを入れてから投入し、1日ごとにゴミ袋の交換を。市販の安いゴミ袋なら、コストを気にせずこまめに交換することができますね
    出典 :3/3 節約できるおむつ処理ポット くるっとポン [ベビー用品] All About
  • 使い方

  •  

    上左 くるっとポンの口に、丸めた紙おむつをポン上右 ハンドルを持って口を回転下左 ハンドルを倒すと、紙おむつは、くるっとポンの中へぽとり下右 ふたの中に仕込まれている重りが、おむつを落とすと同時にゴミ袋をふさぐふたになる。この重りがゴミ袋から上がってくる臭いを防いでいる

  • ボタンを押しながらくるっとポンを開けると、ゴミ袋ごと持ち上がる

     

    使用済み紙おむつが入ったゴミ袋を捨てる時は、この状態で袋の口を閉じてから外すと、ゴミ袋の中身の臭いに直撃されずにすむ
    ゴミ袋をセットする部分は、ボタンを押しながらレバーを軽く引くと、このように外れる。操作・取り付けは簡単