寝起きがだるい原因の中に「生活習慣」と「食事」があります。慢性化する前に改善を!

寝起きがだるい原因はいくつも考えられますが、特に大きいのは生活習慣と食事です。

view215

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どうして寝起きはだるくなるの?

  • 寝起きがだるい原因の代表は、生活習慣です。

  • 寝起きにだるいと感じる原因の多くは生活習慣からの影響が大きいようです。前夜に夜更かしをしたり、寝るのが遅くなれば十分な回復ができずにだるさが残りますし、お酒を飲みすぎた次の朝は二日酔いという寝起きの辛さも起こりやすくます。
    出典 :寝起きがだるい人が見直したい5つの正しい食習慣について | iGotit
  • 当然ですが、睡眠不足になってしまうと寝起きにだるさを感じてしまいます。たまの夜更かしならば、すぐに回復できるかもしれませんが、慢性化している場合は要注意!生活のリズムを見直しましょう。

  • そして、寝起きのだるさには、疲労が慢性的になってしまい抜けきっていない場合も考えられます。通常は、休息をすると疲労はとれますが、慢性的なものになってしまうと休息してもだるさや倦怠感が残ってしまいます。
    出典 :寝起きのだるさが強い|寝起きのトラブル情報サイト
  • 次に、寝起きのだるさに大きな影響をもたらすのが「食生活」です。

  • 酵素やミネラルが不足し、また糖質や脂質などのコレステロールに関わる栄養素が摂取過剰な状態にある人が多いです。
    出典 :寝起きが悪い状態を改善する酵素
  • バランスの良い食事を心掛けましょう。
    また、血糖値の変化も、寝起きのだるさにかかわります。

  • 血糖値が朝、急激に下がっているため、とても寝起きが悪い状態になってしまうのです。日中、血糖値が不安定な人は、睡眠中の血糖値も急激に下がってしまうため、起きた時に、だるいという事になります。
    出典 :寝起きがだるい人が見直したい食習慣
  • 日中の空腹時にチョコレートなどの甘いものや、パンやごはんなどの炭水化物を食べると、血糖値が急激に上がってしまいます。そのため、夜にガクンと下がり、寝起きのだるさの原因になります。

  • 甘いものは、空腹時は避けて、おやつの時間に食べるようにしましょう!

  • こうすれば寝起きがすっきりする!!

  • 寝起きをすっきりさせるには、前述のように生活習慣と食生活を変えることです。
    食事で改善する場合、血糖値を安定させてくれる「たんぱく質」と「脂質」を摂るように心がけましょう。

  • タンパク質や脂質は、肉、魚などに含まれます。積極的に、肉や魚などを食べるようにしましょう。
    出典 :寝起きがだるい人が見直したい食習慣
  • 朝食も簡単に済ませずに、それらの栄養素を摂ると効果的です。

  • 朝がだるい人におススメなのが、寝起きの簡単ストレッチです。
    出典 :だるい朝は「寝起きの3分ストレッチ」でスッキリ! [ストレッチ] All About
  • 寝起きのだるさは、就寝中に体がこわばっていることも原因です。本来は寝返りで、体をほぐすことができますが、季節や寝具によっては寝返りが難しいこともあるでしょう。そこでおすすめなのが、寝起きに簡単なストレッチ!
    ただ全身を伸ばして、左右に体をねじるだけでも効果的です!