肥満や血糖値に効果のあるバナバとは☆

肥満や血糖値に効くと言われている植物のバナバの葉!
サプリメントなどがもう出ているはずです☆

view171

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • バナバ

  • バナバは、フィリピンなど熱帯の東南アジア地域に生息するミソハギ科の植物である。楕円形の大きな葉には、血糖値の上昇や肥満を防止する効果があると言われており、フィリピンでは糖尿病に効く薬として、乾燥葉から作られるバナバ茶が飲まれている。
    出典 :【バナバ】血糖値や肥満への効果が期待できる熱帯植物 | ダイエットSlism
     

    多量はダメなのですね!

  • バナバの葉

     

    バナバは、和名を大花百日紅といい、フィリピン・インドネシア・タイなど熱帯の東南アジア地域に生息しているミソハギ科の植物なのです
    ピンク色の花と30㎝にもなる楕円形の大きな葉が特徴的です!
    バナバの葉には、血糖値の上昇や肥満を防ぐなど、薬用効果があると言われています
    生息地域のフィリピンでは、糖尿病に効果的な民間薬として、バナバの乾燥葉を煮出しして作られるバナバ茶が飲まれているのです!

  • 成分

  • バナバの有効成分はコロソリン酸です。食事から吸収されたブドウ糖は血中からインスリンの働きにより細胞内に取り込まれます。バナバのコロソリン酸は、細胞にブドウ糖が取り込まれるのを促進する働きがあります。この働きにより血糖値の上昇が抑えられ糖尿病が改善します。
    出典 :バナバとは〜サプリメント成分辞典
  • バナバのコロソリン酸により、インスリン量の分泌量が減るため、ブドウ糖が脂肪として蓄えられるのが減少するため、バナバにはダイエット効果が期待できます。
    出典 :バナバとは〜サプリメント成分辞典
  • バナバ茶もある

  • <ハバナ茶とは>
    バナバ茶はハバナの葉を乾燥させたものです。1000年以上も前から、葉を煎じ、お茶として飲まれていました。バナバ茶は、ミネラルを多く含み、繊維質も抜群のノンカフェイン健康茶です。
    出典 :バナバとは 意味|バナバの意味を解説
  • <ハバナ茶の成分>
    亜鉛、マグネシウム、カルシウム、カリウムなどを豊富に含んでいます。食物繊維も大変多く含んでいます。
    出典 :バナバとは 意味|バナバの意味を解説
  • こんな人におすすめ

  • こんな方におすすめ
    ○生活習慣病を予防したい方○糖尿病の方○便秘でお悩みの方
    出典 :バナバ | 成分情報 | わかさの秘密
     

    便秘にも効果があるそうです!

  • 便秘を解消する効果

     

    水溶性食物繊維は、水に溶けゲル化し、人間の体に好ましくない物質の吸収を妨げ、便として排泄させる働きがあるのです
    バナバは食物繊維を豊富に含んでいるため、腸内清掃に多大な効果を発揮しています!
    食物繊維は副作用無くお通じを良くしますが、便秘を解消することで腸内環境を整えることにもつながり、様々な病気の予防になります!

  • 注意

  • 糖尿病の治療のため、血糖降下剤を服用している場合は、バナバ茶の飲用を控えるべきである。
    理由は、血糖値が下がり過ぎる恐れがあるためである。
    出典 :【バナバ】血糖値や肥満への効果が期待できる熱帯植物 | ダイエットSlism
  • 山本漢方製薬のバナバ茶やバナバ粒にも、同内容の注意表示がされている。また「必要以上の大量摂取は避けるように」「大量摂取で病気が治るものではない」との注意表示もあるため、糖尿病を治す目的でがぶ飲みするといった摂取の仕方は控えたいところである。
    出典 :【バナバ】血糖値や肥満への効果が期待できる熱帯植物 | ダイエットSlism