ご存知でしょうか?骨腫瘍を治療する為の気になるコト、お教えします☆

骨腫瘍、聞き慣れない言葉ですが、ご存知でしょうか?骨腫瘍を治療する為の必要なコトをこちらでご紹介します。

view190

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 骨腫瘍って。

  • 骨腫瘍。

     

    骨のガン、と呼ばれているようです。

  • 骨組織に発生する腫瘍であり、原発性腫瘍と転移性腫瘍に分けられる。殆どの場合、長管骨の骨幹端に発生する。原発性の場合、組織生検によって悪性か否かを判定する。骨腫瘍は若年者の発症が非常に多いので30歳未満の病的骨折をみたら一応は疑った方がよいと言われている。
    出典 :骨腫瘍 - Wikipedia
     

    そうなんですね。しっかり勉強しないと・・。

  • @ke__ut 足に大きめの腫瘍出来てそれが踵の骨圧迫しててヒビ入ってさ(°_°)腫瘍なんとかしないとなんだよね(°_°)
     

    治療を必要としている方ですね。

  • 具体的に骨腫瘍を治療する為には?

  • 手術風景・・。

     

    やっぱり緊張しますね。

  • こんな質問も。

  • Q 骨にできる腫瘍は悪性が多いのですか?A 原発性骨腫瘍のなかでは良性の方が多いです。レントゲンで偶然発見された骨腫瘍は多くは良性ですQ 軟部にできる腫瘍は悪性が多いのですか?A 良性が多く多いのは脂肪腫、神経鞘腫、粉瘤、ガングリオン。前者2つの疾患はかなり大きくなることがあり。これ以外で腫瘤の大きさが5 cm以上の場合は悪性を疑います。
    出典 :骨・軟部腫瘍Q&A
     

    一番気になる所ですよね・・・。

  • 骨肉腫について・・。

     

    悪性骨腫瘍(骨のがん)のなかでは、発生数が多い症状だとの事です。

  • もっともかかりやすいのは10歳代、以下20歳代、10歳未満の順。腫瘍の半数ちかくは、大腿骨(だいたいこつ)の下端にできます。つぎに多くみられる部位は脛骨(けいこつ)(膝(ひざ)から下の太いほうの骨)の上端です。腓骨(ひこつ)(膝から下の細いほうの骨)の上端にも発生し、70~80%が、膝の周囲にできます。
    出典 :骨肉腫の症状・解説 - goo辞書
     

    小さい頃から罹ってしまうんですね。

  • 症状としては?

  • はじめ、走ったり跳んだりした後に、膝の関節が痛んだり、ボールを投げたりした後に、肩の関節に痛みを感じたりします。痛みは、安静にしていると軽くなるので、多くの人は、スポーツによる痛みと考えます。事実、大部分の痛みはそうなのですが、骨肉腫の場合は痛みがだんだん強くなり、安静時でも痛むようになります。
    出典 :骨肉腫の症状・解説 - goo辞書
     

    分かりにくいという事ですね・・。

  • もっとも簡便な診断方法はX線検査です。X線像だけで診断ができることもあります。しかし、骨肉腫の疑いが強い場合には、X線像のほかに、CT(コンピュータ断層撮影)、MRI(磁気共鳴画像装置)、血管造影(造影剤を血管に注入して血管のX線写真を撮るもの)、骨シンチグラフィー(アイソトープによる画像で腫瘍を見つける検査)などの検査を行ないます。
    出典 :骨肉腫の症状・解説 - goo辞書
     

    色々な検査についてです。

  • 気になる治療方法です・・。

  • 骨肉腫の治療では、外科療法と化学療法が中心となります。外科療法は特に重要で、がんができた骨の部分を切除する必要があります。手術をせずに骨肉腫を完治させることは不可能なためです。外科手術をすると、骨を一部失ってしまうので、その部分を人工骨や人工関節・自分の骨を移植するなどの方法で埋める必要があります。
    出典 :骨肉腫の治療法〜標準治療から最新治療まで〜
     

    そうだったんですね・・。

  • 骨肉腫の手術では、四肢をできるだけ温存するため、切除する範囲は最低限にして、残す部分を多くする患肢温存術が選択されることが最も多くなっています。骨肉腫の治療により膝上から切断した場合、膝関節を失います。膝関節を失うと通常、膝の代わりになる義足や、人工関節などを使って膝関節を再建しますが、もう1つの方法が回転形成術です。
    出典 :骨肉腫の治療法〜標準治療から最新治療まで〜
     

    難しい手術が多いようです・・。

  • もう一つの方法、化学療法について。

  • 化学療法。

     

    1980年以降は必須の治療法になっているとか。

  • 骨肉腫は抗がん剤がよく効く性質があり化学療法は外科療法と共に重要な治療。骨肉腫の治療でよく用いられる抗がん剤はドキソルビシン・イホスファミド・シスプラチン・メトトレキサート・ブレオマイシンが一般的。化学療法は手術前に3~4週間おきに3回程度行い全身に散らばったがん細胞を死滅させがんの進行や転移を防ぎます。投与方法はいずれも内服ではなくほとんどが点滴注射によるもの。
    出典 :骨肉腫の治療法〜標準治療から最新治療まで〜
  • 少しでも気になったら病院へ。

     

    早期発見が大切ですね。