実は危険!リバウンドしやすいダイエット

世の中には様々なダイエット方法がありますが、実は、そのダイエットをすることによって、太りやすくなったり、リバウンドが激しくなるようなことがあるんです。

view117

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 人間の体は生命維持のために、少ない摂取エネルギーでも生活できるよう、体はエネルギー消費量を減らしたり、骨量や筋肉量を変化させたり、体重の急激な変化を抑え始めます。
    しかし、体内でこのような適応能力が発揮されている状態と知らずに、「なかなか体重が減らない(=停滞期)」と思いダイエットをやめてしまって以前と同じ食事量に戻すと、余分なエネルギーが蓄積されてリバウンドが起こってしまうのです。
    出典 :リバウンドしやすいダイエットをしていませんか? - マイクロダイエットネット(microdiet.net) -
     

    ただ食事量を減らすだけでは、あとでリバウンドしやすい身体になるだけです。

  • 単品ダイエット

     

    バナナ、りんご、ゆで卵、など、ひとつの食品ばかりを食べ続けるダイエットは、体に必要な栄養素が十分に補給できないため、体の筋肉量や基礎代謝が急激に減ってしまいます。場合によっては、めまいや体調を崩す報告も多数寄せられます。また、このように必要な栄養素が不足する状態だと筋肉量を増やすことも難しくなります。
    この状態で目標体重になったとしても、食生活を元に戻すとすぐにリバウンドを招いてしまいます。

  • テレビや雑誌でよく目にする「これをするだけで...」「これを食べるだけで...」など、簡単でしかも効果がすぐに出ることを謳うダイエット法。
    一見良さそうに思えるこうしたダイエット法でも、これまでの生活習慣になかったことを取り入れているということですよね。これを一生続けるなら体重を維持することは可能かもしれませんが、やめた途端にリバウンドということはよくある話です。
    出典 :リバウンドしやすいダイエットをしていませんか? - マイクロダイエットネット(microdiet.net) -
     

    ○○だけを一生続けることは無理ですよね?

  • 減量中、最初は順調に体重が減っていても、途中でなかなか体重が減らない、「停滞期」と呼ばれる時期がきます。人間には、環境の変化に適した体になろうとする機能が備わっているのですが、減量中に摂取カロリーや体重が減るなどの変化が生じると、その機能が働き、より少ないカロリーでも活動できるように、エネルギー消費量を減らします。そのため、体重が減らなくなるのです。このエネルギー消費量が減っている時期に減量をやめ、元の生活に戻すと、余分な脂肪が蓄積されてしまいます。これがリバウンドが生じる原因です。
    出典 :リバウンドしやすい|お悩みサポート|痩身エステで美しく健康的にダイエット | 気エステティック イヴの<健康やせ>>
     

    減量中に摂取カロリーを減らすのは、その後のリバウンドにつながりやすいのです。

  • ダイエット開始から半年以降の体重変化を見てみると、炭水化物の摂取量を減らすダイエットではリバウンドをしやすいことも分かっています。

     確かに、炭水化物を摂らないと、膵臓から分泌されるインスリンという物質の出方が少なくなります。インスリンは糖分代謝の要となるホルモンですが、インスリンが出ているうちは脂肪は燃焼されませんので、インスリンが出ないことで脂肪が燃焼されやすくなります。

     しかし、食事全体のカロリー量を減らさないとすると、炭水化物の摂取量を減らした分、脂質の摂取量が増えます。その結果、特に脂質の代謝が悪い人たちにとっては、内臓脂肪や皮下脂肪がたまりやすくなってきます。これがリバウンドとして現れているものと思われます。
    出典 :低炭水化物ダイエットはリバウンドしやすい|食の安全|JBpress
     

    炭水化物を減らしてもリバウンドしやすくなるだけみたいです。

  • 低炭水化物ダイエット

     

    「低炭水化物ダイエットを始めると、体重が行ったり来たりということになるんです。体重が減る時には筋肉と脂肪の両方が落ちるのですが、戻る時には脂肪だけがつくことが多い。これは体の新陳代謝にもよくないですね」

  • 基礎代謝とは、運動しなくても消費されるエネルギーのことで、生きていくために必要最小限のエネルギーです。

    女性の基礎代謝の基準は、18〜49歳で約1,200カロリー、50〜69歳で約1,100カロリーとされていますが、この摂取カロリーが少なすぎると、便秘や肌荒れ、骨粗鬆症、生理不順、冷え、無月経になるなど、健康上のトラブルが増大してしまいます。
    出典 :せっかくの努力が水の泡に!リバウンドしやすいNGダイエット法5つ
     

    極端な摂取カロリーの制限は、リバウンドだけではなく身体の不調をきたします。

  • 普段こってりした食事をとることが多い方は多少減らしても良いですが、油を全く取らず、肉や魚も極端に避けるような食事は、後に必ず弊害がでてきます。

    油分は、細胞の新陳代謝を活発にし、ホルモンの生成ビタミンA・Eなどの脂溶性ビタミンの吸収に欠かせないものです。こちらもバランスを考えて摂取しましょう。
    出典 :せっかくの努力が水の泡に!リバウンドしやすいNGダイエット法5つ
     

    良質な油ならむしろ摂った方が◎

  • 流行の“ファスティング”(断食)は、食事療法のひとつとして確立された方法ですが、自己流で行うのは危険です。医師や専門家の指導のもと行わなければ、生命の危険さえあります。

    絶食するための準備や期間中の水分摂取の方法など、専門家の知識が必要になりますので、ダイエットのために断食を行う場合は、決して自己流ではやらないでください。
    出典 :せっかくの努力が水の泡に!リバウンドしやすいNGダイエット法5つ
     

    間違ったファスティングダイエットがリバウンドへの道となってしまいます。

  • 日本人のダイエット経験者のうち、なんと60%以上がリバウンドを経験しているそうですが、ダイエットとリバウンドを繰り返していると、そのうちに太りやすく痩せにくい体質になってしまうんだとか。
    出典 :リバウンド注意報! やるだけ損なダイエットとは? – ガジェット通信
     

    リバウンドしやすいダイエットは今すぐにやめましょう。

  • 低インシュリン・ダイエットでは、カロリーや脂肪分を気にせず食べていいと思っている人が少なくありません。ここに誤解の原因が。
     たとえば白米よりパスタのほうがGI値が低いと知って、パスタばかりを食べる人がいます。いくらGI値が低くても、たくさん食べたらカロリー・オーバーとなり、太るのは当然。パスタを主食とするイタリア人は、みんなやせていますか?カロリーを気にしないでいいダイエットなんて、ありえません。
    出典 :こんな「ダイエット」は逆効果で危険!!
     

    低インシュリン・ダイエットの誤解ですね。

  • ダイエットをしていたら、疲れやすくなったとか、怒りっぽくなった、めまいがしたといったことはありませんか。
     ダイエットの主流は、食事制限によるもの。そのため知らないうちに、栄養失調を起こしている人が少なくありません。とくに女性に影響を与えやすいのは、タンパク質、カルシウム、鉄分、食物繊維の4つです。
    出典 :こんな「ダイエット」は逆効果で危険!!
     

    リバウンドして、かつ栄養失調だなんて、最悪ですね。

  • 極端なカロリー制限は代謝を大きく低下させるので、ダイエット後に食事を元に戻した場合、ダイエット前よりも代謝が低下し太りやすくなっているので、確実にリバウンドしてしまうのです。
    出典 :食事制限だけのダイエットはリバウンドする?|ダイエット食事ガイド
     

    極端なカロリー制限は太りやすい身体をつくってしまいます。

  • 過激なダイエットでリバウンドしやすいのは、脳がブドウ糖を大量に必要とすることに原因があります。
    脳はエネルギーとしてブドウ糖しか使えないのに、自分ではまったく蓄えることができず、使う分だけ体内から調達しています。
    過激なダイエットで、ブドウ糖が不足すると、体は脳が必要とするブドウ糖を供給するため、筋肉を分解して使います。このため、炭水化物(でんぷんや糖分など)が欠乏する状態でダイエットをすればするほど、筋肉がやせ細って行き、どんどん太りやすい体質になってしまうのです。これが、みんなを悩ませる「リバウンド」の根本的な原因なのです。
    出典 :脳とダイエットの不思議な関係 | ダイエット | 健康と栄養のコラム | 健康と栄養の情報室 | 株式会社ヘルシーパス
     

    ブドウ糖は摂り過ぎは注意が必要ですが、適度に必要なものなのです。

  • それでは、リバウンドしやすい人の特徴をチェックしてみましょう。

    過去に何度もダイエット→リバウンドを繰り返している
    食べものをよく噛まない
    運動嫌いで筋肉がない
    短期間に5kgや10kgなど急激な減量をしたことがある
    1日1食や単品ダイエットをしたことがある
    体温が低い
    体重計にのらない