まだ間に合う!43歳で不妊治療

view601

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 43歳で不妊治療を始めた女性がいます。アラフォーの経産婦や初産婦は今や珍しくはありません。もちろん、不妊治療だって同じです。40代でも、まだ間に合います。

  • 40代での妊娠・出産はもう当たり前

  • 40代で妊娠出産

     
     

    43歳で不妊治療をして出産することは不可能ではありません。

  • 40代で妊娠・出産 実はメリットも

  •  
     

    40代では、さらに子宮体がんのリスクが下がると言われています。

  •  
     

    人生経験、社会経験がしっかりあるので、気持ちに余裕が持てるのでしょう。

  •  
     

    社会的キャリアがあれば、経済面が安定するので、育児にお金をかけることができるようになります。

  •  
     

    不妊治療にはお金がかかるので、一般的に経済力のある40代の方が、治療費をかけられます。

  • 40代の不妊治療で気を付けること

  •  
     

    妊娠しても、体調など常に細心の注意が必要でしょう。

  •  
     

    不妊治療の進め方を十分に検討しなければなりません。

  •  
     

    病院選びもしっかり行いましょう。

  •  
     

    複数の医師からアドバイスを受けたい場合など、セカンドオピニオンを検討しても良いでしょう。

  •  
     

    男性も体調管理をしっかりしましょう。