「食道アカラシア」ってどんな病気???

「食道アカラシア」って知っていますか?
あまり聞かない病名ですよね。。。
今回は「食道アカラシア」についてご紹介したいと思います。

view255

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食道アカラシア

  • 食道アカラシアとは

     

    食道アカラシアとは食道の筋肉が緊張して
    食道のぜん動運動ができない病気です
    20代くらいに多いそうです

  • 発症年齢は30歳代から50歳代が多いとされていますが、小児の症例も報告されています。
    出典 :食道アカラシアについて | 竹村雅至先生のウェブサイト
  • 食道から胃に移行する部分、すなわち食道胃接合部(しょくどういせつごうぶ)の部分が嚥下(えんげ)(飲みくだす)によっても弛緩(しかん)しないため、食道が拡張する病気です。アカラシアはラテン語で、弛緩が欠如したという意味です。
    出典 :食道アカラシア - goo ヘルスケア
     

    嚥下と言うのは飲み込む事を指します!
    これは聞いたことないかもしれませんね

  • 食道アカラシアは原因不明の食道の機能異常と考えられている疾患で、食道の蠕動運動(食べ物を運ぶ収縮運動)の障害と食道と胃のつなぎ目の下部食道括約筋の開閉運動の障害により食物の通過が困難になり食道の拡張を生じてきます。
    出典 :食道アカラシアについて | 竹村雅至先生のウェブサイト
     

    機能異常とされているので、やはり食べる事に関する機能が低下するのですね・・・

  • 原因

  • 食道平滑筋部(へいかつきんぶ)にある壁内のアウエルバッハ神経叢(そう)内の節細胞が変性したため、食道胃接合部が弛緩不全を起こし、収縮したままの状態となったため食道が拡張すると考えられています。神経細胞が変性する原因は明らかでなく、神経の変性疾患であるとの報告や、ウイルスが関与しているなどの報告があります。
    出典 :食道アカラシア - goo ヘルスケア
     

    原因は不明なのですね

  • 症状

  • 嚥下障害や嚥下困難は、食べ物を飲み込むときに、胸がつかえる感じを覚えます。水を飲むのも困難であることが多いですが、その程度には個人差があります。その他には胸部の痛みや圧迫感といった症状もみられることもあります。
    出典 :食道アカラシア(症状/検査/治療)
     

    嚥下障害が出てしまうのですね

  • 症状

     

    嚥下困難感が現れます
    固形物より液体がつかえたり
    時期によりつかえる場合と
    つかえない場合があるなど
    症状が変動するのです!
    場合によっては誤嚥性肺炎になって
    仕舞う事もあるのです!

  • 食べ物が胃に入らず食道内に停滞することによって生じます。つまり感を訴えられる方が多くみられます。病状が進行すると溜まった食物を嘔吐することもあります。
    出典 :食道アカラシアについて | 竹村雅至先生のウェブサイト
  • 治療方法

  • 薬物療法では、一時的に噴門の緊張を和らげる治療薬の使用や、噴門をバルーンで拡張する治療法などを用いることが多いです。
    出典 :食道アカラシア(症状/検査/治療)
  • 軽度の場合は、カルシウム拮抗薬を内服します。また、バルーン拡張術により狭窄部を拡張する方法が有効です。食道の拡張が大きい場合や、食道が蛇行している場合、バルーン拡張術が効果のない場合は、手術が必要です。
    出典 :食道アカラシア - goo ヘルスケア
  • 運動機能の低下した食道を回復させることはできません。患者さんの全身状態や年齢などを総合的に判断して治療方針を決定します。一般的には内科的治療が無効な患者さんに対して外科的治療が行われます。
    出典 :食道アカラシアについて | 竹村雅至先生のウェブサイト