妊娠初期の左下腹部痛、要因はいろいろ

妊娠初期は様々な症状が起きやすい時期です。妊娠初期の左下腹部痛は不安になりやすいですが、要因はいろいろあります。痛みの限度や他の症状の有無を確認し、早めに受診することをおすすめします。

view5993

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期の左下腹部痛・・・それはまず便秘の可能性を考えて!

  •  

    妊娠初期~4カ月ぐらいの間は、子宮内の状態を整える黄体ホルモンが分泌されます。

  • 黄体ホルモンは子宮内の状態を整える働きがありますがもう一方で、腸の働きを低下させてしまう効果もあります
    出典 :【心配しないで!】妊娠すると便秘になるのは当たり前!?
     

    ホルモンのバランスが変化するということですね

  • 妊娠するとホルモン環境が変わりさらに子宮が大きくなることで大腸を圧迫して便秘しやすくなり左下腹部痛を起こすことがあります
    出典 :インターネットホスピタル
  • また妊娠の初期はつわりもひどいので、食欲もなくなります。
    すると食べ物が腸に送られないので腸の動きが鈍くなり
    便秘になってしまうケースも考えられるのです
    出典 :【心配しないで!】妊娠すると便秘になるのは当たり前!?
     

    食事の量が少ないと、排出される量も少なくなるので、腸の働きにも影響がでてくることになるのでしょう。

  • 妊娠初期も便秘になりやすい体に変わりつつあるのですね。

  • 女性は妊娠したら便秘になるのは当然ですので、安心してください
    出典 :【心配しないで!】妊娠すると便秘になるのは当たり前!?
  • 妊娠中で便秘がつらく解消法として便秘薬を使用したい場合には
    必ず医師に相談することが一番の方法です
    出典 :【流産の危険!?】妊娠中向け便秘解消の正しい下剤選び!
     

    市販の便秘薬は流産の危険を伴うので、使用はしないようにしましょう。

  • 妊娠中はたとえどんな薬であっても、自己判断で使用しないほうがいいですよ。医師に相談することが大事ですね。

  • でも左下腹部痛は病気やその他の原因があることも・・・

  • 妊娠初期の腹痛ではまず、お腹のどの部分が痛むのかを確認しましょう
    出典 :妊娠初期の腹痛
  • 妊娠初期の腹痛でも下腹部の痛みの場合は、子宮の中に胎嚢と呼ばれる胎児が入るべき袋が確認されない場合もあり、この時には子宮外妊娠を疑う必要があります
    出典 :妊娠初期の腹痛
  • 左子宮外妊娠や左卵巣の病気、卵管の病気なども可能性として考慮しておく必要があります
    出典 :左脇腹の痛み 女性に多い症状も!?
  •  

    左下腹部の痛みは、産婦人科系の病気以外にも、内科や泌尿器科系の病気が原因のこともあります。

  • 病院で検査しても原因がわからないなどの左下腹部痛がある場合、骨盤のゆがみが影響していることがあります
    出典 :左下腹部の違和感
  • なんらかの原因で骨盤がゆがんだりすると、バランスが悪くなり、生理痛、頻尿、下腹部痛などがおこるとされています
    出典 :左下腹部の違和感
     

    骨盤は多くの臓器を支えているので、歪みなどが原因で臓器の働きに影響することがあることを覚えておきましょう。

  • 妊娠初期は子宮がだんだんと大きくなって他の臓器を圧迫するため、腹痛が起こりやすくなっています。
    出典 :妊娠初期の腹痛
  • これぐらいのことで、産婦人科へ行っていいの?と思うようなことでも 赤ちゃんに何かあってからでは、遅いので すぐに産婦人科へ行きましょう
    出典 :妊娠初期症状〜下腹部痛
  • 妊娠中の下腹部の痛みは、様々な原因が考えられるのですね。便秘も生活に支障をきたす病気の一つとして捉えておいたほうがいいでしょう。とにかく、不安を感じたらすぐに受診をしたほうがよさそうですね。