ぎっくり腰は病院に行くべき?

突然腰に激痛が起こるぎっくり腰は病院に行きたくても痛くて動けないということも!痛みを我慢して病院に行った方がいいの?それとも痛みが去るまで待つ方がいいの?ぎっくり腰になった時のための対処法を紹介します。

view630

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ぎっくり腰の症状

  • ぎっくり腰とは急性腰痛症のことです。

  • 急性腰痛症は、重い物を持ち上げる時や、急に腰を捻る 動作をした時などに発症します。腰がその動きや負荷に 耐えられず、何らかの形で支障をきたし、痛みが生じる ということです。
    出典 :ぎっくり腰の概要-ぎっくり腰@研究所-
  • 重い荷物を持つときは要注意

     

    前かがみになって重い荷物を持ち上げたときに、ぎっくり腰になる人が多いそうですよ!
    腰を落としてから持ち上げるようにしましょう。

  • 前かがみの姿勢で物を持ち上げると、
      腰には立っているときの4~5倍の
      負担がかかる。
    出典 :ぎっくり腰の原因と対処法【はつらつライフ】
  • ぎっくり腰になったらどうすればいい?

  • あまりに強烈な痛みで、初めてぎっくり腰になった人は驚いて救急車を呼んだり、夜間診療の病院へ行くこともあるようです。 しかし、他の疾患が原因でない場合、ぎっくり腰自体は緊急治療を必要とするものではありません。
    出典 :ぎっくり腰(急性腰痛症)の治療法・代替医療 [ぎっくり腰] All About
  • 慌てて救急車を呼ぶ人も!

     

    びっくりして救急車を呼ぶ人もいるみたいですが、まずは安静にして様子をみましょう。

  • ぎっくり腰になると、慌てて病院へ行かねばと思う方もいらっしゃるでしょうが、激痛で動けない時に、無理をして病院へ行く必要はありません。この時期無理に動かしてしまうと、かえって痛みが悪化してしまい、逆効果となります。
    出典 :ぎっくり腰は自然治癒が原則。痛みが引くまでは絶対安静が基本 | ぎっくり腰ナビ 症状を緩和する治療・予防や対処法を紹介
  • はっきりいって、ぎっくり腰になった直後に整体院にお越しいただいても、できることは限られています。ムリして整体院に行くよりも家で炎症を抑えることに専念した方が早く痛みから開放されます。
    出典 :ぎっくり腰の応急処置|整体院えん
  • 自宅で安静にして回復を待つのがよいみたいですね。
    では、どのようなことに気を付けておけばよいのでしょう?

  • 無理に動いたり、ストレッチしたり、揉んだり、患部を温めたりは・・・絶対にダメ!!
    動けないような痛みの場合には、とくかく横になって安静を保ち、氷などで患部を冷やすようにしましょう。
    出典 :ぎっくり腰:ぎっくり腰の原因と対策
  • 病院には行ったほうがいいの?

  • 2~3日間安静にしていれば、特別な治療を受けなくても、自然によくなってきます。それでよくならない場合には、椎間板ヘルニアなどが起きていることを考えなければなりません。痛みが長引くときには、ただのぎっくり腰だからと放っておかず、整形外科を受診し、痛みの原因をはっきりさせることが大切です。
    出典 :ぎっくり腰
  • 一週間経っても軽快しない人、あるいは過去にも何度もこのような発作をくり返してきたような人は、ぜひ整形外科を受診してください。
    出典 :医師にかかるタイミング | 腰痛対策
  • ぎっくり腰は病院に行かなくても安静にして適切な処置をしておけば、自然に治ることも多いです。
    しかし、数日たっても痛みが治まらない場合は、病院を受診した方がよいでしょう。