高齢妊娠と流産のキケン。

高齢妊娠と流産。避けることの出来ない問題ですが
今回はその2つの関係について詳しくまとめてみました。

view209

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも流産ってどういうこと?

  • 産とは、妊娠21週までの時期になんらかの理由で胎児が育たなかったり、流れ出てしまうことをいいます(22週目以降は「早産」となります)。
    出典 :流産|プレママタウン
  • 流産してしまう確率は?

  • 流産の確率は20代で10%、30代で15%、40歳以上では40%
    程度といわれています。
    出典 :高齢出産 リスク 初産!流産と帝王切開の確率は?:高齢出産 リスク@ダウン症:So-netブログ
     

    10人中2人の方が流産を経験されているとも
    言われています。

  • 理由は何なの?

  • 妊娠12週までに流産された方が約9割以上。この時期の流産は、ほとんどの場合、受精卵の異常が原因で防ぐ方法がありません。とても悲しいことですが、自然なことなので決して自分を責めたりしないでくださいね。
    出典 :流産|プレママタウン
  • 高齢出産の方は妊娠初期に流産率が最も高いのでもし自分で妊娠検査薬を買っで陽性反応が出た場合すぐ産婦人科で受診をし準備をしていかねばなりません。

    赤ちゃんの命はお母さんが守るのです。
    出典 :高齢出産道場 40代からの出産・リスクと幸せ: 14高齢出産と流産
     

    それに、キチンと診てもらった方がお母さんも安心できますね。

  • これが出たらすぐ病院へ!

  • 早期流産の症状として、茶色のおりものやピンク色の半透明のもの、真っ赤な鮮血があり下腹部に痛みがあることが多いようです。中にはレバーのような血の塊が出たり透明の粘液が出る場合もあります。
    出典 :早期流産
     

    不安に思ったら電話して聞いてみましょう。
    お医者さんから指示があるはずです。

  • 防ぐことはできないの?

  • 流産は予防法もなく一度始まってしまうと有効な薬もなく止めることができません。なぜ染色体異常や遺伝子異常が起こるのかはよく分かっていません。
    出典 :早期流産
  • それなら染色体異常のリスクを減らせないの?

  • 葉酸は初期の流産も防いでいると言われています。流産の中には、早期流産と言うものがあり、妊娠12週未満のものを言います。初期の流産の殆どは母体の問題ではなく、受精卵の先天的な異常が問題だと言われています。
    出典 :流産を防ぐ葉酸
  • つまり初期の頃に葉酸をきちんと摂取していれば、胎児の成長を損ないにくく、先天性の異常も起こりにくいのです。
    出典 :流産を防ぐ葉酸
  •  

    葉酸サプリを飲んだり、葉酸を多く含む
    野菜を食べたりして意識的に摂りましょう!

    ワカメや海藻類、海苔に多く含まれていますよ。