目の病気で有名?なのが結膜炎。その【結膜炎 予防】はできないものなのでしょうか~

【結膜炎 予防】は大切です!アレルギー性結膜炎は別ですが、他人に感染する事もあるし、自分が感染してしまうことだってあるのです。
結膜炎になると目が鬱陶しくなり、日常の生活にも支障を来たしてしまいます。
結膜炎をきっちりと予防する対策とは・・・

view208

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「結膜炎」にもタイプがあります

  • 「流行性角結膜炎(はやり目)」「咽頭〈いんとう〉結膜熱(プール熱)」「急性出血性結膜炎」「細菌性結膜炎」「アレルギー性結膜炎」などなど、一口に結膜炎とはいっても沢山のタイプがあります。

  • ウイルスで感染する結膜炎が多い

  • ウイルスは 細菌よりもさらに小さな微生物です。自分だけでは生きられずに、ほかの生物の細胞に入り込んで増殖活動します。結膜炎を起こすウイルスは数多くのタイプがあり、結膜以外にも咽頭〈いんとう〉(のど)をはじめいろいろな部位の炎症を起こします。
    出典 :結膜炎
  • 「流行性角結膜炎」(はやり目)を予防するには

  • 「これも、免疫力を高めることが重要なので、基礎体力の向上が必須。あとは、物などを介して感染するので、近くで感染している人がいたら、うかつに自分の目をこすったりしないことですね。しかし、『はやり目』に関しては、社会人として『うつらない』より『うつさない』心がけが大事。
    出典 :「ものもらい」「結膜炎」の予防法 | web R25
     

    ウイルス感染の結膜炎で、空気感染ではなく接触する事で感染、発症します。

  • ●タオル、洗面用具などは家族のものと別にする。
    ●手を流水や石けんでよく洗う。
    ●休養をとって体力をおとさない。
    ●学校・幼稚園・保育園は医師の許可があるまで休む。
    ●人混みへ出かけない。
    ●医師の許可があるまでプールに入らない。
    出典 :ウイルス性結膜炎。症状と治療法、感染予防対策をご紹介します。
  •  

    バランスの良い食事、適度な運動で免疫力アップ!!

  • 咽頭結膜熱(プール熱)の予防対策

  • ○ 流水や石けんによる手洗い,うがいを励行しましょう。
    ○ 感染者との密接な接触は避けましょう。
    ○ タオルなどを共有することで感染がひろがることもありますので,別に使うようにしましょう。
    ○ アデノウイルスは,糞便中から検出されることもあるためプールに入る前にはシャワーなどでおしりをよく洗いましょう。
    ○ プールからあがった時は,シャワーを浴び,目をしっかり洗い,うがいをしましょう。
    出典 :咽頭結膜熱(プール熱)の予防について
  • 「急性出血性結膜炎」の予防対策

  • 予防対策

     

    ・目をこすらない
    ・2~30秒かけて手洗いを徹底する
    ・手や手首のアルコール消毒
    ・抵抗力をつける(からだを冷やさないように、睡眠を十分に)

  • 細菌性結膜炎は・・