ビタミンEが低下するとダイエットに不向きな体に・・・

ビタミンEはダイエットに関係ないと考えていますか?
意外な所で繋がっているものなのです!

view180

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ビタミンE

  • ビタミンEとは脂溶性ビタミンの一つであり、トコフェロールとトコリエノールという物質に大別することができる。活性酸素によって脂質が酸化する過酸化脂質の増加を防いだり、若返りに効果のある抗酸化物質として注目されている栄養素である。
    出典 :【ビタミンE】 効果や過剰摂取・欠乏症/多く含む食品 | ダイエットSlism
     

    アンチエイジングを考えている人なら一度は耳にした事がある成分だと思います!

  • 厚生労働省が発表しているビタミンEの1日当たり摂取目安量は、18歳以上の成人男性で7.0mg、同じく18歳以上の成人女性で6.5mgと定められている。
    目安量を超えた過剰摂取や欠乏は身体に何らかの症状が現れたり、健康を害する危険性もある。
    出典 :【ビタミンE】 効果や過剰摂取・欠乏症/多く含む食品 | ダイエットSlism
  • ビタミンEの健康効果

     

    老化を防ぐ効果
    生活習慣病の予防・改善効果
    血流を改善する効果
    美肌効果
    生殖機能を維持する効果
    などがあります!

  • ダイエット

  • 2012年本稿執筆時点で、ビタミンEの不足で現れる症状は報告されていない。しかし、遺伝的要因によりビタミンEのみが欠乏する疾患であったり、未熟児という特別な状況においてはビタミンEが不足すると、神経系の障害や溶血性貧血を発症することもある。
    出典 :【ビタミンE】 効果や過剰摂取・欠乏症/多く含む食品 | ダイエットSlism
  • また、ビタミンEの不足は、筋力低下に繋がる可能性があると考えられている。 効果に記載したようにビタミンEは筋肉を修復する作用があるため、不足すると修復が行われず、筋肉が萎縮することになる。 筋力が低下すると脂肪の燃焼率も下がり、ダイエットには不向きな体質となる。
    出典 :【ビタミンE】 効果や過剰摂取・欠乏症/多く含む食品 | ダイエットSlism
  • 目安とビタミンC

  • ビタミンEの抗酸化力はビタミンCと同時摂取したときに最大限に発揮されます。またその他のビタミンも同時に摂った方がさまざまな健康効果が得られます。できればマルチビタミン・マルチミネラルのサプリメントで摂取するようにしてください。
    出典 :ビタミンEの効果と効能-サプリメントラボ
  • ビタミンEの健康効果を期待するためには目安量の10mg程度では全く足りません。最低100mg/日程度は摂取できるサプリを選んでください。 300mg/日くらいの摂取を2週間連続するとビタミンEの血中濃度が最も高まるというデータがあります。
    出典 :ビタミンEの効果と効能-サプリメントラボ
  • 食品

  • ビタミンEが豊富に含まれている食品は、アーモンドやピーナッツ(落花生)などのナッツ類、植物油、うなぎ、マーガリンなどである。また、手軽にビタミンEを摂取できる栄養補助食品としてサプリメントもあるが、1日の摂取目安量を守り、過剰摂取・欠乏に注意する。
    出典 :【ビタミンE】 効果や過剰摂取・欠乏症/多く含む食品 | ダイエットSlism
  • ビタミンEはこんな食品に含まれています!

     

    ナッツ類 アーモンド、落花生、ヘーゼルナッツなど
    植物油 ひまわり油、サフラワー油、コーン油、綿実油など
    魚介類 うなぎのかばやき、にじます、あゆ、はまちなど
    その他 小麦胚芽、モロヘイヤ、かぼちゃ、菜の花、卵

  • 注意

  • ビタミンEは脂溶性のビタミンなので過剰摂取の危険性があります。ビタミンEの吸収をコントロールする仕組みがあるようで、大量に摂取しても血中濃度があがり続けるといことはありません。ビタミンEの上限量は800mgです、この範囲で摂取している分にはまったく問題ないと言えます。
    出典 :ビタミンEの効果と効能-サプリメントラボ
     

    すぎないようにしましょうね