妊娠中期の飲酒は危険!

妊娠中期の飲酒をする事によって、どのような症状が出るのか、お伝えしていきたいと思います。
これを見て、いろいろ考えるきっかけになってくれれば幸いです。

view250

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の飲酒はダメ!

  • 妊娠中に飲酒をするといったいどういう事が起きるのでしょう?

  • (1)頭が小さいなど独特な容貌(2)低体重など発育不全(3)唐突な行動(多動)など中枢神経系の問題
    大量飲酒で胎児性アルコール症候群を起こす危険性が高くなることは確かですが、「どれだけ飲んだら発生するのか」という閾値(いきち)は確定されていません。
    出典 :妊娠中の飲酒… 絶対ダメですか?妊娠6週目です。 - Yahoo!知恵袋
     

    アルコール摂取量に対する閾値は人それぞれ違いますので、これといった数値はありませんが、それで自分は強いからと言い、少しくらい飲んでも大丈夫だろうと思うのは間違いです。

    生まれてくる赤ちゃんの事を考えて、妊娠に気づいたらすぐに飲酒をやめましょう。

  • 妊娠中の飲酒は「安全量が確立されていない」すなわち「少ない量でも胎児に影響をおよぼす可能性がある」ということです。
    医者の見解は「妊娠中は禁酒」です。
    出典 :妊娠中の飲酒… 絶対ダメですか?妊娠6週目です。 - Yahoo!知恵袋
     

    やはり、妊娠中の飲酒はダメなのですね。

  • おっぱいにはアルコールがそのまま出てしまうと言うことをしりました。確実に子供に影響します。
    アルコールの影響がそのままでるのだからやめた方がいいとは思います。
    出典 :授乳中にお酒を飲んで実際に子供に影響があった人っていますか?私の子供は10ヶ月... - Yahoo!知恵袋
     

    アルコールを赤ちゃんに飲ませていると考えると、怖いですね。

  • 日本の女性の年代別飲酒率に関する調査
    旧総理府世論調査 1968・87

  • 20代   30代   40代   50代   60代
    1968   24.0%  22.3%  18.6%  14.9%   9.0%
    1987   54.1%  58.9%  44.0%  34.2%  26.0%
    出典 :FAS(胎児性アルコール症候群)のページ
     

    1968年から1987年の9年間の間でも20代30代の子供を産む世代の飲酒は約2倍となっていますね。

  • 厚生労働省研究班調査 2003
        20代   30代   40代   50代   60代
    2003  80.0%  80.7%  75.1%  68.2%  53.5%
    出典 :FAS(胎児性アルコール症候群)のページ
     

    一番新しいデータが2003と古いのですが、この古い情報ですら、20代の女性の80%は飲酒しているとの回答です。

    この統計からみると現在の飲酒率はもっと高いのではないかと思われます。

  • 1月16日は禁酒DAY

  • 現代の女性は、こういった、周りの女性も飲むという環境が出来上がっており、みんなが飲むから私も飲まないわけにはいかないという流れができてしまっているのはよくない傾向ですね。

  • 妊娠中、妊娠が判明した、妊娠したいと思っている方は、飲酒をやめましょう。

  • 妊娠中の女性が飲酒すると......
    胎盤を通じてアルコールが胎児の血液に流れ込んでしまいます。胎児はアルコールを代謝する能力が未発達ですから、母体よりもさらに影響を受けやすいのです。
    出典 :FAS(胎児性アルコール症候群)のページ
     

    やはり、妊娠中の飲酒は絶対ダメということですね。

    ちょっとなら良いなんていうのは、飲みたい人の言いわけです。
    これから生まれる子供の事を真剣に考えて、絶対に飲まないでください。

    だからと言っても、ストレスが溜まるのも良くありません。
    ですから、別のストレス解消法を見つけておくことが大切ですね。

  • 胎児性アルコール症候群

     

    生まれてくる前から赤ちゃんを知的障害にしたいですか?

    そんなわけ無いですよね。

    だったらアルコールを控えましょう。

    妊娠中にアルコールを摂取することで、その確率が上がるそうです。

  • 飲酒、喫煙は胎児に悪影響を及ぼします。

     

    無理な禁酒や禁煙をすると、我慢できなくなり逆に量が増えるなんて事も…
    禁煙外来や、禁酒についてお医者さんに相談してみましょう。

    薬なども、妊娠していることを伝え、安全なものを処方してもらいましょう。