目やにに効く目薬は何がいいのでしょう?朝起きると目が開かない時とうしたらいい?

目やにに効く目薬は何がいいの?朝起きたら目が開かないという経験をお持ちのかた多いことでしょう。顔を洗いながら、まつげにへばりついた目やにをつまんだことありませんか?それで解決するとは思わないけど、ついついやってしまいます。そもそも目やにはなぜ出るの?よく効く目薬はあるの?

view170

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 目やにってなーに?なぜ出るの?

  • 目の表面には、角膜や結膜から粘液が分泌されます。そこにいわゆる老廃物やごみやほこりが混ざります。それが目やにです。普段は、瞬きによってそれらが鼻涙管を通って鼻腔へいくので、鼻くそになるんです。ところが、寝ている間は、瞬きをしません。鼻腔に流れないので、目やにとなって目にたまるのです。なるほど、そう考えるとよくわかりますね。

  • 目やにの種類、よい目やに、悪い目やに!

  • 目やにに効く目薬

     

    目やににも種類がいろいろあるんですね~。

  • 起きた時、目頭や目尻にちょっとだけある目やには、身体と同じで代謝活動で出てきたものなので、問題はありません。きれいにふき取れば大丈夫です。念のためにタオルは他の人とは一緒にしないようにしましょう。

  • 黄色っぽかったり緑色がかっていて粘り気のある目やにが出て、しかも目が充血してゴロゴロした感じや、いたりかゆみがある場合は”細菌性結膜炎”の可能性が高いです。いわゆる結膜炎というのがこれです。あまりひどい場合は病院へ行ったほうが早く治りますが、よく効く目薬もあります。ドラッグストアで相談するのもいいでしょう。

  • 目やにに効く目薬

     

    細菌性結膜炎の目やにが出たらこのタイプの目薬が効く!
    しみないタイプで、1回使い切りなのでフレッシュ!ものもらいや細菌性結膜炎で過敏になった目にやさしく効きます。炎症をおさえる効果もあります。

  • 水状のさらさらした目やには、花粉症などのアレルギーの場合がほとんどです。時期的な問題です。それぞれの時期が過ぎれば治ります。

  • 目やにに効く目薬

     

    花粉症やハウスダストにはこのタイプの目薬が効く
    抗アレルギー、抗ヒスタミン配合の目薬。目のかゆみや充血などを改善してくれるすぐれものです。

  • ネバネバの糸を引くような白い目やにがでたら要注意です。とくにいつもより大量の目やにが出た場合などは、ウィルス性結膜炎の疑いがあります。感染力が強く、「学校感染症」に指定されています。まぶたの腫れ、充血、痒みもみられます。粘着性のある目やにや大量の目やには、他の病気もありうるので、病院へ行くことをおずずめします。感染性結膜炎は白目の表面の結膜に細菌やウイルスが感染し、炎症をおこす目の病気です。ほとんどが目の症状ですが、たまに喉の痛みや発熱といった風邪の症状が現れることもあります。また、感染防止のため、タオルなどは他の人とはけっして一緒に使わないでください。

  • 目やにによく効く目薬

     

    眼科へいくとこういったタイプの目薬を処方してもらえます。
    回数と量を守って点眼しましょう。

  • 目やに以外のたいした症状がみられない場合もあります。それは、ゲームのやりすぎやパソコン画面の見すぎのことがおおいです。液晶画面は目にはよくありません。一定の時間で一休みすることが大事です。

  • 目やにに効く目薬

     

    パソコンのブルーライトによるダメージによく効く目薬.
    スマートフォンやパソコンを新しくしてから、目が疲れやすくなったという人がけっこういるんです。スマフォやPCに使われているLEDライトには、ブルーライトという強い光がでています。その光が人間の目にはよくないことがわかりました。そのブルーライトで疲れた目を改善してくれ、癒してくれます。

  • さまざまな目やについて見てきました。いかがでしたか?目やににもこんなに種類があって、こんなにも違うのだということもよくわかりました。それぞれによく効く目薬を選んで正しく使うことをおすすめします。