どうしたら良い?「高血圧の食事」を考えよう

高血圧の食事を考えよう。減塩食は高血圧の味方!しっかり知識をつけましょう

view116

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 血圧を上げる要因として

  • 食塩(=塩化ナトリウム)をとりすぎると、尿中へナトリウムを排泄するという腎臓の能力を上回ってしまうため、血液中にナトリウムがたまります。ナトリウムがたまると、水分を蓄えてナトリウム濃度を調節しようとする働きにより、循環血流量が増加して、血圧が上がります。
    出典 :高血圧症の食事 | 食事療法のすすめ方 | 東京都病院経営本部
  • 肥満は高血圧の大きな危険因子であることが明らかになっています。特に、内臓肥満は血圧上昇と関連が深く、減量すると血圧が下がるという報告があります。また、心臓から送られる血液の量は体重に比例して増加するため、肥満は心臓にも負担がかかります。
    出典 :高血圧症の食事 | 食事療法のすすめ方 | 東京都病院経営本部
  • メタボに注意!

     

    メタボは、内臓脂肪型肥満に高血圧、高血糖、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態で、過剰な内臓脂肪の蓄積は、高血圧症や、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病を併発しやすくなってしまうのです!

  • 食塩量を減らす事から始めよう

  • 食塩を摂り過ぎると胃がんになりやすいことは確かだし、減塩は、左心室肥大という心臓の病気やたんぱく尿の程度を軽くする、動脈の柔軟性を高める、降圧薬の効果を高める、ナトリウム排泄に使われるカリウムが失われるのを防ぐなどのよい点が多いんだよ
    出典 :高血圧を防ぐ食事|厚生労働省
     

    減塩をするのは大切な事ですね

  • 「日本人の食事摂取基準(2005年版)」において日本人の成人に勧められている1日の塩分摂取の目標値は、男性10g未満、女性8g未満。だけど、高血圧患者ではもっと厳しくて、日本高血圧学会の定めた目標では1日6g未満(高血圧治療ガイドライン2009年版)となっています。
    出典 :高血圧を防ぐ食事|厚生労働省
     

    これが塩分の量ですね

  • 具体的に減らそう

  • •干物などの塩蔵品や漬物・佃煮など、食塩を多く含む加工食品は控えましょう。•煮物や汁物などは、天然のだしをきかせましょう。•レモン・酢などの酸味やしいたけ・のりなどの風味がある食品を利用すると、うす味でもおいしく食べることができます。•めん類のつゆは、飲まないようにしましょう。
    出典 :高血圧症の食事 | 食事療法のすすめ方 | 東京都病院経営本部
     

    薄味で美味しく食べるがコンセプト!

  • •食卓で使うしょうゆやソースなどの調味料は、使いすぎないようにしましょう。•煮物などは、甘さをおさえると食塩も控えられます。•加工食品や外食の栄養成分表示を確認しましょう。「ナトリウム」で示されている場合は、以下の計算方法で食塩量を算出することができます。
    出典 :高血圧症の食事 | 食事療法のすすめ方 | 東京都病院経営本部
     

    計算方法も一緒にのせておきますね

  • ナトリウム(g) × 2.54 = 食塩量(g)ナトリウムがミリグラム(mg)で記載されている場合は、グラム(g)に直すため1000で割ります (ナトリウム(mg) × 2.54) ÷ 1000 = 食塩量(g)
    出典 :高血圧症の食事 | 食事療法のすすめ方 | 東京都病院経営本部
  • 栄養のバランスにも気をつけて

  • •野菜や果物は毎日食べましょう
    野菜や果物には、血圧を下げる作用があるといわれるカリウムが豊富。野菜は毎食、果物は毎日1個とるようにします。
    出典 :高血圧症の食事療法
  • 牛乳は1日1杯

     

    カルシウムやマグネシウムにも血圧を下げる作用があります。両方を含む牛乳を、1日にコップ1杯~1杯半とりたいものなのです。苦手な人だと辛いですが、これだけ便利なアイテムはないのですよ

  • アルコールを習慣的に大量に飲み続けることも、血圧を高くします。アルコールの1日量は、男性で1日20~30mL以下、女性で1日10~20mL以下(エタノール換算)に抑えることが勧められています。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|高血圧 病気の基礎知識
     

    アルコールも控えてくださいね