新米ママ必見!点頭てんかんウエスト症候群って?早期発見早期治療が鍵。

点頭てんかんウエスト症候群、聞きなれない病気ですが、
プレママ、新生児ママが全員知っていて欲しい病気です。
特徴的な発作のある予後不良のてんかんですが、
原発性の場合、早期発見早期治療でその後の発達が良好な場合もあります。
あらかじめ知っておいて欲しいので、動画を交えてご紹介します。

view2764

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 点頭てんかんウエスト症候群の症状

  • SAYU 点頭てんかん(ウエスト症候群)発作

     

    他のお母さんのために点頭てんかんウエスト症候群の発作を公開してくださっているお母さんの作成した動画です。
    一般的に連想するてんかんの発作との違いにご注目ください。

  • スパスム:ウエスト症候群の発作。両手両足を一瞬力が入り、首がガクッとなる発作。
    出典 :Animo!Junjun てんかんについて
  • ウエスト症候群の発作はとても特徴的です。点頭てんかんとも呼ばれますが、点頭とはうなずくという意味です。
    発作は、寝かせている状態だと、一瞬に両手両足をあげる発作を何度も何度も繰り返します。これをシリーズ形成といいます
    出典 :Animo!Junjun てんかんについて
  • てんかんの症状と言われるとけいれんなどをイメージしますが、新生児の点頭てんかん症状はけいれんではなく、四肢の屈曲や進展などが多く見られる症状です。
    出典 :新生児の点頭てんかん症状と対策
  • 点頭てんかん発作

     

    まるで体操しているような手足の曲げ伸ばしが特徴です。

  • 点頭てんかんウエスト症候群とは

  • 点頭てんかんとは、生後4カ月~1歳ころの小児に発症する予後不良のてんかんです。
    出典 :点頭てんかん - QLife家庭の医学
  • 点頭てんかんは、乳児にみられる発作の中で最も悪質な発作で、高率に精神運動発達障害を残す。
    出典 :点頭てんかん
  • 点頭てんかんとは、生後3ヶ月から1歳未満の乳児期に発症します。
    ウエスト症候群とも言われていて、瞬間的にうなずくように頭を前に倒して、両手を伸ばしたりする動作をします。この動作を短時間に数回繰り返します。
    出典 :点頭てんかんの症状◇知っておきたい子供の病気
  • 脳波検査が診断の決め手となり、ヒプスアリスミア(脳波の不整波)と呼ばれる特徴的な所見がみられます。月齢(生後1カ年未満)でシリーズ形成(10分間程度の間に発作が10〜30回まとまってみられること)した点頭発作、ヒプスアリスミア、精神運動発達遅滞(ちたい)がみられれば点頭てんかんと診断されます。
    出典 :点頭てんかん - goo ヘルスケア
     

    ヒプスアリスミアは、病院で脳波を見ればすぐにわかります。
    たいへん特徴的な脳波です。

  • 脳形成障害や母体内感染、分娩時・新生児期の脳障害、結節性硬化症、先天代謝異常などのさまざまな脳障害によって、発症します。
    出典 :点頭てんかんとは - 介護110番
     

    このほかに、原因の良くわからないものもあります。

  • 点頭てんかんウエスト症候群の治療・予後

  • 脳波の検査などで、点頭てんかんだとわかれば、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の注射、ビタミンB6や抗てんかん薬の服用などで治療を行っていきます。
    出典 :てんかん?けいれんの緊急性を見極めるポイントとは! | ニュース&トピックス | ケータイ家庭の医学
     

    患児によって効く治療法は異なりますが、ACTHがよく効くといわれています。

  • リーコネンの1996年の発表では、ウエスト症候群全体で普通学級に通えたのは17%、特殊学級が7.5%、訓練学級が24.5%、教育が出来ないレベルが51%であった。
    出典 :点頭てんかん(ウエスト症候群) / 困ったときの病気症状情報事典
  • 早期診断と早期治療開始が重要で、とくに点頭てんかん発症まで正常の発達がみられていた特発例では、治療によって良好な予後が期待されます。そのため早期に治療を開始することが重要です。
    出典 :点頭てんかん - QLife家庭の医学
     

    点頭てんかんウエスト症候群でその後普通学級に通えるくらい予後の良い子供は全体の17%もいます。
    そのほとんどは原発性ですぐに治療を開始できた子供さんです。
    ウエスト症候群をあらかじめ知っておいてほしい理由です。