早期教育と幼児教育のちがい。間違えやすいその他教育方法についてまとめ

早期教育も幼児教育も、幼い頃から何かしらの教育を受けさせる事ですが、はっきりとちがいを理解していますか?なのでゴチャゴチャになってしまっているママも多いのではないかと思います。この二つの違いとその他にもいろいろな教育の名前があるので今回はその意味ををわかりやすく説明します。

view58

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 早期教育とはどんなものか

  • 江戸時代、もっと前の時代から早期教育はありました。親が教育者や学者、医者などと後を継ぐような職業の場合、幼少のころから親が子供に教えていたことが発端です。

  • 簡単に言うと、胎児の頃から胎教などで子供に対して何かを働きかける。0歳児から何かを初めて脳の潜在意識に呼びかける教育の事を指すようです。

  • 赤ちゃんの脳について

     

    赤ちゃんの脳の成長は3歳までの間に70~80パーセント出来上がるそうです。なのでこの時期に出来るだけ取り込める教育をすることが早期療育の秘訣なのです。なんでも吸収し柔軟に受け入れられる子供のうちの方が成果が出やすいともいわれています。

  • 早期教育の理想の開始時期は、おなかの中にいるときの胎教からです。子供の持つ能力は、年齢に反比例するという才能逓減(サイノウテイゲン)の法則があります。これは、胎児や0才のときの教育が最大の効果を上げることができて、年を重ねるにつれて徐々に記憶する能力が衰えていくというものです。
    出典 :早期教育はいつから始めるのがいい? ガラガラガラ.com
     

    小さいころはすごく頭がよくてこのこは天才だ!などと言われていた神童も大人になれば普通の人になってしまうというのに当てはまりますね。また、この後に出てくるギミテック教育にも当てはまります。

  • 幼児教育とはどんなの?

  • 幼児教育は,目先の結果のみを期待しているのではなく,生涯にわたる学習の基礎を作ること,「後伸びする力」を培うことを重視している。幼児は,身体感覚を伴う多様な活動を経験することによって,豊かな感性を養うとともに,生涯にわたる学習意欲や学習態度の基礎となる好奇心や探究心を培い,また,小学校以降における教科の内容等について実感を伴って深く理解できることにつながる
    出典 :「子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の在り方について」(中間まとめ)[第1章]
     

    簡単にいうと満1歳から小学校に上がる就学前までの子供が取り組む生活や学習することの基礎教育のことを指します。
    幼稚園や保育園に通う子がほとんどですが、義務教育ではないのでそれとは違う無認可で独自のカリキュラムのあるところへ通ったり、施設へ通わず家庭で教育したりとその方法は様々です。

  • 幼児教育は小学校の知識教育とはちがい、生活の中で遊んだり発見したりと楽しみながら行う教育を指し、それが子供にとって大切なことなのです。
    早期教育の場合は知的教育が伴ってきますが、親があまり教育教育と子供の楽しさを奪うほど取り組みさせるのは避けましょう。ただし、幼児教育も早期教育も子供が素直で柔軟なので、親の望む方向へ教育するにはころ合いでしょう。

  • 英才教育とはどんなものでしょう

  • 頭のいい子、賢い子を育てるには何が必要?

     

    誰でも賢い子供に育てたいという思いは同じ。賢いだけでなくスポーツもできると・・・と親の願いは尽きないものです。

  • 才能のすぐれた児童・生徒に対して、その能力を伸ばすために行う特別な教育。秀才教育のこと。
    英才教育というとちょっと前までは幼稚園お受験、小学校お受験のために行っていた教育というでしたが、最近は受験以外でも、スポーツや芸術関係で秀でた部分を伸ばそうとこういった教育を施しています。
    出典 :英才教育の英才とはどういう意味ですか?英語の才能ですか? - Yahoo!知恵袋
  • 英才教育とエリート教育ってなんだか似ていますね。でも意味を見るとちゃんと内容が違うとわかります。

  • エリート教育とはどんなものでしょうか

  • 一流といわれる大学・大学院卒業をゴールとした教育指針。またはトップ・アスリートになるための訓練。目標達成(特定の大会で優勝する、特定の職業に就く、特定のライフスタイルを獲得するなど)のためにその道の専門家について集中的に教育・訓練を受けること。幼小の頃から訓練を受けることが多いため「早期英才教育」と呼ばれることもある。
    出典 :英才教育の英才とはどういう意味ですか?英語の才能ですか? - Yahoo!知恵袋
     

    トップアスリートのほとんどの子が幼少のころから専門の指導を受けていたりするのはこのことなんですね。他に、小さなころからお受験をして世間でいういい学校にエスカレーターで進学する場合も当てはまります。

  • 早期教育とエリート教育はより早い段階から子供に平均水準よりも高い教育や知識を子供に植え付け、普通の子よりもできる子にすることを目的としているので育てる年齢こそ違いますが、目指しているものは同じのように感じます。

  • ギフテッド教育とはなんでしょうか

  • ギフテッドと診断された子どもの教育に用いられる教育手法、理論、特別手段。欧米では、障害などのために生活・学習上の特別な支援を必要とする者に対する教育である特別支援教育と同じ、特殊教育の範疇に置かれることが多い。
    出典 :英才教育の英才とはどういう意味ですか?英語の才能ですか? - Yahoo!知恵袋
  • ギフテッド(Gifted)は先天的に平均よりも顕著に高い能力を持っている人のこと、またその能力を指す。
    出典 :自己紹介としてのギフテッド|栴檀の板(せんだんのいた)
  • 「彼女は6才の体の中にいるティーンエイジャーのようです。」
    「彼女の脳では彼女の年齢よりずっと先に進んだことを理解するのです。」
    出典 :<ギフティッド/ギフテッドチャイルドの為のホームスクーリング ①>|Gifted Child の教育
     

    ギフテッド教育事態、日本ではまだまだ定着していないので、ギフテッドの子供たちはホームスクーリングを受けたりしています。

  • ギフテッドは神経系の特質なのだそう。もともとが高い知能を持って生まれてきた子にはそれ相応の特別な教育があるのですね。では、その元々高い知能の子供達は大人になるとどうなるのでしょうか?

  • 『ギフテッドの大人はめったに特殊な人として扱われないが、高知能を持つ人間ならではの心理的、社会的、感情的な要求を持っているのである。』
    出典 :自己紹介としてのギフテッド|栴檀の板(せんだんのいた)
     

    様は普通の人として溶け込んで暮らしたいという欲求を持っているために、自分の特殊能力は目立たせないようにしている。といったところですね。なんだかもったいないような気もしますが、一部のギフテッドの中には自分の信ずるままに探求をし続けている人達もいれば、こういった平凡を好む人達もいるわけです。