どうしたら良い?「魚の目の芯除去」の方法まとめ!

魚の目の芯除去の方法まとめ!気になる芯そのものを取りましょう!

view1822

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 魚の目の正体は

  • 魚の目は、角化症とよばれる、皮膚の最表面である角層(または角質層)が慢性的な圧迫や摩擦により増殖し、堅くなる症状の皮膚病の一種です。タコは、扁平に堅くなります、そのまま長期間にわたって圧迫し続けると、タコの中に硬い芯ができ、かなり痛くなってきますが、これが魚の目です
    出典 :魚の目の芯を除去したい
  • 魚の目が痛いのは芯が皮膚の奥へと入り込み神経を刺激してしまうからです。魚の目はその中心が芯となって、円錐状に堅くなります。芯の部分が丸い魚の目の形をしているので、魚の目(うおのめ)と呼ばれていますまた、鶏眼(けいがん)ともいわれるようです
    出典 :魚の目の芯を除去したい
  • 魚の目パットを使う

  • 大きな魚の目になってしまった場合は、皮膚科に行ったり、魚の目パッドを使わなければ治る可能性は低いでしょう。特に自宅で使える魚の目パッドは手軽にできる魚の目の治療薬です絆創膏の中心に薬が埋まっており、それを魚の目が出来た場所に貼るのです。硬くなった皮膚を薬で柔らかくし、魚の目の芯を取り除く治療法となります。
    出典 :魚の目 原因 症状 治療 処置 芯の取り方 除去 魚の目情報!
     

    こんな薬があるのですね。

  • このように

     

    市販されている魚の目パットを使う事で、魚の目の芯除去を進めていくのです。魚の目の状態にもよりますが完治までに時間がかかるのが問題かもしれませんね。

  • 芯はどのくらいで除去できる?

  • 症状の程度によってかかる日数に幅が出てくるようです。軽症であれば2~3日であっさりと芯まで除去できるようですが、ヒドイ場合(芯が皮膚の奥深くまで入り込んでいる)は1週間、それ以上かかるケースもあります。
    出典 :魚の目芯除去|簡単に取り除く最適の方法は?
     

    痛みがある場合は炎症の危険があるので皮膚科に受診する事をお勧めします。

  • 専門家はどうやって除去するの?

  • 体験者の中には、「部分麻酔をかけて、魚の目の部分を“三角錐”のように切りとって2~3針縫った」という方もいれば、「レーザーで除去した」という方、「電気メスで切り取った」という方、「薬を患部に塗って、ゆっくり時間をかけて治した」という方…様々なケースがあります。
    出典 :魚の目芯除去|簡単に取り除く最適の方法は?
  • 個人でやる方法

  • 消毒液で器具をよーく消毒してから使いましょう。僕は大丈夫!!なんてことは思わないでくださいね。消毒をしないと後から化膿して足の裏から大量のウミが出てきて大変なことになります。
    出典 :芯を除去する時に気を付つける5つの注意点
  • 魚の目はすぐにはとれません。魚の目の場所をピンポイントで薬を塗って柔らかくしましょう。魚の目の大きさやできた期間によって塗布する日数も違います。小さい魚の目だと1日~2日の塗布でとれるのですが、ひつこいものとなると5日~10日間塗布する必要もでてきます。
    出典 :芯を除去する時に気を付つける5つの注意点
  • 皮膚が柔らかくなってから取る時は、周りから真ん中に向かって取っていきましょう。外から内側へだんだん核心へ迫っていくようなイメージで採ります。そして最後に芯となる部分を削ります。
    出典 :芯を除去する時に気を付つける5つの注意点
     

    ここまで来たらばっちりですね。

  • 魚の目の痛みを

     

    かばいながら歩くともっと負担がかかるので治りが悪くなります。また刺激を軽減してあげないと予防にも完治にもならないのです。仕事等で歩く事が多い場合は楽な靴を選びましょうね。