その不眠は女性特有の睡眠障害かもしれません

夜ぐっすり睡眠できると、気持ちよく朝を迎えることができますよね!しかし、眠りについての問題を抱えている人は多いです。なかなか寝付けない、夜中に目が覚めるといった睡眠障害には、女性特有のものもあります。

view113

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠障害についての基礎知識

  • 睡眠障害は、広く睡眠に関する病気全般を指す言葉で、夜間の睡眠が障害されるもの、日中の眠気を呈するものが含まれます。
    出典 :睡眠障害| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • その原因に従って病気としての観点から、(1) 不眠症ふみんしょう、(2)睡眠関連呼吸障害、(3) 過眠症かみんしょう、(4)概日リズム睡眠障害、(5) 睡眠時随伴症すいみんじずいはんしょう、(6)睡眠関連運動障害、の6つのグループに大きく分けられています。
    出典 :睡眠障害| こころの病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 睡眠障害には、たくさんの種類がありますね。

  • 不眠症にも種類があります

  • 不眠症は4つのタイプに分けられます。寝つきの悪い「入眠障害」、眠りが浅く途中で何度も目が覚める「中途覚醒」、早朝に目が覚めてしまう「早朝覚醒」、ある程度眠ってもぐっすり眠れたという満足感(休養感)が得られない「熟眠障害」です。
    出典 :不眠症 | e-ヘルスネット 情報提供
  • そして睡眠の悩みで最も多いのが入眠障害ということです。

  • 一般的には眠るまでに30分以上をかかり、それを本人が苦痛と感じていれば、入眠障害の疑いがあるとされています。
    出典 :入眠障害で眠れないあなたのための【睡眠障害】解消法
  • なかなか寝付けない

     

    お布団に入ってもなかなか眠れないのは、入眠障害かもしれません。

  • 眠れない理由は、ストレスや心配事などが原因となっていることも多いです。しかし女性の場合、ホルモンが原因となっていることもあるそうですよ。

  • 女性の睡眠障害

  • 女性ホルモンの分泌が周期的に変わり、年齢によっても変化する女性の場合は、男性に比べて不眠などの睡眠障害が起こりやすいのが特徴です。月経や妊娠・出産、更年期に伴う睡眠障害は、まさに女性特有の症状といえるでしょう。
    出典 :女性の睡眠障害は、女性ホルモンと深い関係があります - 眠りの総合サイト 快眠推進倶楽部
  • 女性ホルモンの中でも、排卵~月経直前にかけて盛んに分泌される「黄体ホルモン」は睡眠の質を悪化させることがわかっています。つまり、月経直前は睡眠時間が変わらなくても、深い睡眠の割合が減ってウトウトした浅い睡眠状態となっているのです。
    出典 :【女性に多い睡眠障害】 - 睡眠障害ガイドブック
  • そのため男性より女性の方が、睡眠障害に悩む人が多いそうです。

  • ちゃんと寝たのにスッキリしない

     

    女性ホルモンによる睡眠障害かもしれません。

  • 更年期には、『眠っていても途中でおきてしまう』『寝付きにくい』といった『不眠』症状が起こるのは良く知られています。これは更年期になると女性ホルモンが急激に減り、ホルモンバランスが乱れて生じると考えられています。
    出典 :女性特有の不眠ってなに? [不眠・睡眠障害] All About
  • 不眠が長引く場合は、我慢せずに医師に相談しましょう。