あなたは睡眠時無呼吸症候群ではありませんか?睡眠時無呼吸症候群と眠りについて☆

睡眠時無呼吸症候群と眠りについて☆
睡眠時に無呼吸になっているなんて!!
寝ているはずなのに…疲れがとれない…?眠った気がしない…。
あなたは睡眠時無呼吸症候群ではないですか?

view119

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 睡眠について

  • レム睡眠とノンレム睡眠

     

    睡眠時の障害のお話をする前に、睡眠について少し考えてみましょう!

  • 皆様は睡眠時に夢を見ることがあるでしょうか。 人は、眠りが浅いとき、大脳の活動が起きているときの状態に近くなるので、「夢」を見るのです。この、眠りが浅い時のことを、『レム睡眠(REM睡眠)』と呼びます。急速な眼球運動の出現、筋緊張の低下、反射活動の低下、呼吸循環などの生理機能の動揺を特徴とした特殊な睡眠。
    出典 :SASとは : 睡眠障害について : グッドスリープ・クリニック : 睡眠時呼吸障害 東京都港区芝大門 浜松町 大門
  • 逆に、夢を見ないほど深い眠りについている時間もあります。この深い眠りについている時間は、『ノンレム睡眠(non-REM睡眠)』と呼びます。最も浅いまどろみ状態のstage1からぐっすり熟睡したstage4に区分され、stage1・2を浅睡眠、stage3・4を深睡眠、或いは徐波睡眠と呼ぶ。「レム以外の睡眠」という意味でいわゆる安らかな眠りである。
    出典 :SASとは : 睡眠障害について : グッドスリープ・クリニック : 睡眠時呼吸障害 東京都港区芝大門 浜松町 大門
  • 眠りには、質の良い眠りと悪い眠りがあります。良く眠れたときは、目覚めが良く頭がすっきりしています。活動的な質の良い生活をおくるためには、良い睡眠は欠かせません。睡眠時無呼吸症候群は、近年、さまざまな呼吸器疾患や循環器疾患を増悪させたり、予後を左右する因子となることが知られて以来、広く医療現場で注目されつつあります。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病〜いい眠りしてますか?〜
  • 睡眠時無呼吸症候群とは?

  • 睡眠時無呼吸症候群について

     

    では、睡眠時無呼吸症候群とはどんな病気なのでしょうか?

  • 睡眠時無呼吸症候群の人は、目覚めが悪く、日中の眠気が強くなったり、注意力が散漫になったり、夜間のトイレの回数が増えたりします。また、高血圧や心疾患などの生活習慣病とも関わりがあり、本人の生命を蝕むばかりか、他の多くの生命を奪う悲惨な交通事故を起こす原因になります。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群のセルフケア:睡眠時無呼吸症候群(SAS)はどんな病気?
  • 症状・原因は?

  • いびきと無呼吸がまずあげられます。覚醒している時には、気道周囲の筋肉の緊張が保たれており、無呼吸になることはありませんが、眠ってしまうと緊張がなくなり、気道が閉塞して無呼吸になってしまうのです。換気ができなくなるため、寝息すら聞こえなくなります。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群、いびき| のどの病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 狭くなった気道を通して呼吸しようとするため、間断なく呼吸努力が続けられます。そのうち、低酸素状態で苦しくなると覚醒反応が起こります。すると、気道周囲の筋肉の緊張がもどるので呼吸が再開します。その換気の際にいびき音が発せられます。睡眠時無呼吸症候群の患者さんは寝汗をかきます。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群、いびき| のどの病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 口呼吸をするため起床時に口内はからからに乾燥してしまいます。その結果起床時に疲労感があります。頻回に覚醒反応が起こると睡眠障害となるため起床時の頭重感ず日中の眠気などが出てきます。このような睡眠中の呼吸障害が長期にわたり無呼吸によるストレスのために交感神経緊張状態が長く続くと高血圧や心疾患を合併する危険性が高くなります。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群、いびき| のどの病気 - Yahoo!ヘルスケア
  • 気道の閉塞などの原因で、睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です。いびきや起床時の頭痛、日中の睡眠や倦怠感などの症状があります。また、高血圧や脳卒中などの合併症を引き起こすこともあります。そのうえ、日中の眠気のために、交通事故や産業事故などを引き起こす可能性があります。
    出典 :SASとは : 睡眠障害について : グッドスリープ・クリニック : 睡眠時呼吸障害 東京都港区芝大門 浜松町 大門
     

    私もいびきをかいているでしょうか…?日中眠くなったり、倦怠感があったりするのは、疲れているから…とか睡眠不足だから…など安易に考えていましたが、怖い病気が潜んでいるかもしれないんですね…。

  • 睡眠時無呼吸症候群の種類

  • 睡眠時無呼吸には、息を吸うときに咽頭部が塞がることによる閉塞型、脳の呼吸中枢の指令が消失する中枢型、両者が混在する混合型の3種類の型があります。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病〜いい眠りしてますか?〜:SASとは?
  •  

    睡眠時無呼吸症候群は3種類にわかれるんですね。
    どのような症状・特徴があるのでしょうか?

  • 閉塞型無呼吸とは、睡眠中の反復性の吸気時上気道閉塞により無呼吸が生じる状態です。気道閉塞により、気流がないまま呼吸努力をすることになり、低酸素血症、睡眠パターンの乱れなどが起こり、種々の身体的問題が生じてきます。肥満・鼻閉・扁桃腺肥大などと深い関連があります。いびき・日中の過度の眠気が典型的な症状です。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病〜いい眠りしてますか?〜:SASとは?
  • 中枢型無呼吸とは睡眠中に呼吸中枢からの命令がなくなることにより起こります。はっきりとした原因は未だ明らかではありません。胸腹部の呼吸に伴う動きも止まるため外観的には静かに呼吸が止まっているようにみえます。頻度の低いタイプですが、心不全や脳血管疾患など重篤な疾患との関連があります。また、チェーン・ストークス呼吸も中枢型の一つです。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病〜いい眠りしてますか?〜:SASとは?
  • よいねむりと睡眠時無呼吸症候群との関係

  • よりよい眠りと睡眠時無呼吸症候群

     

    よりよい眠りは人それぞれ違うようですね。よい眠りは睡眠時無呼吸症候群の予防にもなっていくのでしょう。

  • 私たち人間は、1日におおよそ8時間眠るサイクルで生活しています。つまり人生の約1/3は眠っていることになります。睡眠は昼間の活動で疲れた体と脳を休息させるための、とても重要な時間帯。睡眠がじゅうぶんにとれない状態が続くと、「眠い」「疲れた」というだけでなく、さまざまな悪影響を及ぼすようになります。
    出典 :睡眠について | 睡眠時無呼吸症候群(SAS)net
  • 「よいねむり」とは一体どんなものかご存知ですか?忙しい方が多い今の社会では、生活が不規則になり、短い睡眠時間しか確保できないという方が大変多くいらっしゃいます。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群のセルフケア:睡眠時無呼吸症候群(SAS)のセルフケア:おすすめサイト紹介
  • ちゃんとした睡眠時間をとっているつもりが、日頃の疲れやだるさがなかなか解消されないと睡眠に対して悩みを持っている方も多くいらっしゃいます。実は「快適なねむり」は人それぞれに異なります。自分にとって快適な睡眠時間や睡眠環境を知っておくこと、自分に合った睡眠を選ぶことも大切なセルフケアの1つと言えるかも知れません。
    出典 :睡眠時無呼吸症候群のセルフケア:睡眠時無呼吸症候群(SAS)のセルフケア:おすすめサイト紹介
  • 睡眠時無呼吸症候群の治療

     

    予防としてよりよい眠りについてお話しましたが、ではその治療法とはどのようなものがあるのでしょうか?
    治療法についてみてみましょう。

  • ・減量
    ・生活習慣の指導
    ・CPAP
    ・口腔内装置
    ・手術治療
    出典 :SASの治療法 | 睡眠時無呼吸症候群(SAS)net
     

    やはり、肥満の人の方がなりやすいのでしょうか?そのほかにも生活習慣病などが重なって、しまうことが大きな原因なのかもしれないですね。

  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)が軽症の場合は、減量や生活習慣だけで症状が改善することもあります。しかしある程度症状が進んでしまった患者さんは、ひどい眠気のために気力が低下し、減量や生活習慣改善にもなかなか前向きにとりくむことができません。こうした患者さんには、CPAPと呼ばれる装置を使った治療が適しています。
    出典 :SASの治療法 | 睡眠時無呼吸症候群(SAS)net