気を付けて!その背中痛みは内臓疾患のサインかも!?

ある日、何だか突然背中痛みを感じることはありませんか?
寝違えた・筋肉痛などの理由が分かれば安心できます。
しかし、実はその背中痛みは内臓からのSOSかもしれません。

view140

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 背中の痛みの原因とは?

  • 背中の痛みの原因には大きく分けて「1.背部の筋肉疲労」「2.背部の骨の異常」「3.内臓疾患」があります。
    出典 :背中の痛みの原因 〜 『関連痛』について
  •  

    長時間同じ姿勢で過ごしていたり、寝ている間に寝違えたりすることは誰にでもあります。
    これらの痛みは、そんなに長引くことはありません。
    痛みが暫く続くようであれば、内臓疾患から来る痛みを疑ってみましょう。

  • どんな病気が考えられる?!

  • 背中の痛みが内臓からのSOSだとしたら、一体どんな病気が考えられるのでしょうか。

  • ★甘く見ないで!その痛み★

     

    ①肺疾患…肺炎・インフルエンザなどの風邪
    ②循環器疾患…主に心臓や腎臓。 心筋梗塞・狭心症・腎盂腎炎・尿感結石
    ③消化器系疾患…逆流性食道炎・胃潰瘍・胃がん・胆石・腸閉塞・腸ねん転
    ④生殖器系…主に子宮。  子宮筋腫・子宮内膜症・子宮がん
    ⑤神経系…肋間神経痛

  • なんと、背中の痛みは実はこんな病気の可能性もあるのです!
    おかしいと感じたら、すぐに病院に行きましょう。

  • 痛みの場所から原因を探ってみる

  • 背中のどの部分が痛むかやその他の症状でる程度病気の予測はつきます。
    我慢できる程度の痛みであっても、継続するような痛みがある場合は早めに検査する事をお勧めします。
    出典 :背中の痛みの原因と病気とは?
  • ★ポイント★

     

    つまり、内臓のある位置によって原因が分かるということ。
    特に注意が必要なのは、心臓の裏側の背中。
    ここが痛い場合は、すぐに病院に行きましょう。

  • 沈黙の臓器について

  • みなさんは”沈黙の臓器”という言葉を聞いたことがありませんか?

  • 肝臓や腎臓は、少々支障をきたしていても、臓器から直接的に痛みのサインを送ってはくれません。自覚症状がないうちに、知らず知らずのうちに症状が進み、気がついたら大変なことになっていた、というケースも少なくありません。
    出典 :肝臓と腎臓は沈黙の臓器|【体(背中・首・肩・胸・腰・膝)の痛み】 -症状・原因・治療-
  •  

    腎臓・肝臓に何か問題がある場合は、体の右背中に痛みが出るようです。
    また腎臓結石などの場合は、血尿や吐き気などの症状が伴うことがあるので自覚症状が分かりやすい。

    沈黙の臓器であるはずの腎臓・肝臓に関する背中の痛みが表れたら、一刻も早く病院に行きましょう。

  • 背中の痛みは、私達に何かを訴えているのかもしれません。
    単なる痛みと思わずに、きちんと対処したいものです。