痛風の症状を軽減させるためにやると良い事!やってはいけない事…

痛風の症状は辛いと言いますよね。実際なった人でないとわからない痛さだと思いますが、その痛さが突然やってきたらどうしますか?!もちろんすぐに病院へ行くのがいいのですが、どうしてもそれがかなわない人は、症状を軽減させる方法を試してみては?また、症状が悪化する恐れがあることもご紹介します。

view515

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 痛風の症状にはどんなものがあるの?

  • 関節が「赤く」「腫れあがり」、我慢ができないほどの「激痛」を伴います。痛みは、ぶつけたり、ひねったりといった原因がないままに、突然起こります。また、一度の発作で痛むのは多くの場合は1ヶ所です。痛風発作は、短い人で3日間程度、長い人でも7~10日間程度で症状が自然におさまります。
    出典 :痛風の症状|痛風ナビ|日本ケミファ高尿酸血症・痛風の総合情報サイト
     

    我慢できないほどの激痛…「風が吹くだけで痛い…】といいますからね。想像のできない(したくない)痛みです。

  • 症状の軽減のためにやると良い事

  • ◆患部を冷やす

  • 炎症を抑えるには、やっぱり冷やすことが一番です。 冷たいタオルやタオルに包んだ保冷剤を患部に当てましょう。 冷やすことで炎症を抑えるだけでなく、知覚が少し麻痺しますので、 痛みを感じにくいという効果もあります。
    出典 :自分でできる痛風の痛みの緩和方法 / 痛風情報サイト
  • ◆水をたくさん飲む

  • なるべく水分を多く摂取することをお勧めします。水分を沢山摂ることで尿の量が増加し、尿酸濃度が薄まることが期待できるからです。発作が起きたらいつもより多めの水分摂取を心がけ沢山トイレに行くようにしてください。発作が起きなくても日常的に多めの水分摂取を心がけると効果的です。
    出典 :痛風の痛みを緩和させる事が出来る4つの応急処置 | 健康生活 – 元気の秘訣を毎日お届け
     

    できるだけ水を飲むようにしましょう。飲まないよりはいいですが、お茶やコーヒー、清涼飲料水よりも水が良いです。

  • ◆消炎鎮痛剤を飲む

  • 消炎鎮痛剤は、薬局で市販しているアスピリン系(バファリンなど)の鎮痛剤だと痛風の痛みを悪化させるため、服用しないように気をつけましょう。インドメタシンなどが配合された鎮痛薬や、座薬タイプの解熱剤などが効きます。医師から処方されている鎮痛剤がある人は、胃薬と一緒に常備しておくと安心ですね。
    出典 :痛風が痛い時の軽減方法
  • ◆安静にする

  • 患部を心臓より高くして安静にすることも有効です。これは、患部の血流量を下げる目的で行います。痛みを発生させる物質は、血液に乗って循環していますので、血流量を少なくすることで、痛みを緩和させる効果があります。
    出典 :自分でできる痛風の痛みの緩和方法 / 痛風情報サイト
  • 症状があるときにやってはいけない事(症状が悪化する恐れのある事)

  • ◆患部をマッサージする

  • 痛風の発作が起きているときは、患部をマッサージすることは症状を悪化させるのでやめましょう。また、患部が熱を持たないようになるべく動かすことを避けることが望ましいです。できれば安静にして、痛みが引くのを待ちましょう。
    出典 :痛風が痛い時の軽減方法
  • ◆発作が出たら尿酸値をさげる薬は飲まない

  • 発作中に尿酸を押さえる薬を飲むと逆効果で、尿酸値が上がるそうです。 腫れが引いて、尿酸をさげる薬を飲みましょう。
    出典 :痛風になったら
     

    発作があるときには痛風の薬を飲んだ方がいいと思いますが、違うのですね。気を付けましょう!