あのネイマールも経験した!~背骨を圧迫骨折した場合の症状・治療法

背骨を圧迫骨折した場合の症状・治療法についてまとめました。2014年ブラジルワールドカップでネイマール選手が途中退場したシーンは記憶に新しいですよね。退場せざるを得なかった原因、それがまさに背骨の圧迫骨折だったと言われています。背骨の骨折なのにこんなに早く治るの?最新の治療法は?

view127

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 背骨の圧迫骨折(脊椎圧迫骨折)って?

  • 背骨の圧迫骨折は高齢者に多くみられる症状です。骨粗しょう症の方は特に要注意。ですが、急激な力が加わったりしたことで若い人にも起こりうる骨折です。また急激なダイエットなどによって若い女性の骨粗しょう症も問題になっている現代社会では背骨を圧迫骨折するリスクは広がっているといえます。

  •  

    骨を強くすることって生涯にわたって大切なことなんですね。あらためて思います・・・・

  • 脊椎の椎体(ついたい)が、重力がかかる方向に加わる力によって、骨折をおこしてつぶれる病気です。骨粗鬆症(こつそしょうしょう)がある高齢者によくみられ、多くは胸椎(きょうつい)から胸椎と腰椎(ようつい)の移行部にかけておこります。
    出典 :脊椎圧迫骨折とは - コトバンク
  • 脊椎圧迫骨折は、骨粗しょう症(骨がもろくなる病気)の方によくみられる、せぼねの骨折です。
    寝返りをうつ時や、起き上がる時等に背中に痛みが出ることが特徴です。
    せぼねの骨折をくり返すと、「寝たきり」の原因にもなりかねません。
    出典 :脊椎圧迫骨折について| せぼねと健康.com
     

    中には骨折に気づかないまま過ごしてしまう方もいるとか。。。。とっても大切な背骨、異変を感じたら早めに受診しましょう。

  • 骨折した患者さんのなかには、痛みを感じない人も多くいますが、およそ3人に1人は、骨折時に激しい痛みを感じるといわれています。痛みは、安静にしていると治まることもありますが、それだけではつぶれた椎体は元の形には戻りません。
    出典 :徳島健生病院 - 脊椎圧迫骨折の新しい治療法「経皮的後弯矯正術」について
     

    激痛が治まっても放置しないようにしましょう!

  • 骨粗しょう症が進んだ状態だと、転んだり、ひどい場合はくしゃみ程度でも骨折してしまうんだとか。健康診断などで骨粗しょう症の検査ができる場合があります。若い方でも一度自分の骨密度、調べてみるといいかもしれません。。。。

  • 成人男性が背骨を圧迫骨折するのはよほどの大けが!?

  •  

    このシーンは衝撃でしたね・・・・
    背骨を圧迫骨折したのに見事に復活したネイマール選手、すごいです!

  • 骨が正常である成人男子にはまれな病気で、高いところから墜落したなど、大きな力が脊柱(せきちゅう)の軸方向に加わった場合にしかおこりません。こうした事故の場合、脊椎の圧迫骨折だけでなく、他の部位の骨折(骨盤(こつばん)骨折や下肢骨(かしこつ)骨折など)や臓器の損傷をともなうこともまれではありません。
    出典 :脊椎圧迫骨折とは - コトバンク
     

    ネイマール選手は危ないところでしたね。。。。

  • 一か所折れると次々と・・・

  • つぶれた椎体をそのままほうっておくと、背骨全他のバランスが崩れていき、他の椎体にかかる負担が大きくなります。そのため、背骨がひとつ折れると、1年以内に次の骨折が発生しやすくなります。
    出典 :徳島健生病院 - 脊椎圧迫骨折の新しい治療法「経皮的後弯矯正術」について
     

    怖いですね~~~

  • 初期の骨折はMRIでわかる!

  • 初期の骨折はレントゲンではわからないこともあるそうです。だからと言って放置するとどんどん悪化してしまいます。もしかしたら背骨を圧迫骨折しているかも?と心当たりのある方はMRIが受けられる病院を受診しましょう。

  • 骨構造を見るにはCTのほうが優れている場合が多いですが、骨の質や、初期の圧迫骨折などを見つけるときにはMRIはとても有用です。
    出典 :脊椎のMRI
  • 一般的な治療法

  • 保存治療にはコルセット!

  • コルセットやギプスを装着したり、ベッドの上で安静にしたりします。
    また、痛み止めや、骨粗しょう症のお薬を使用します。
    コルセットを巻いたまま生活する必要があるため日常の活動が制限され、長期の入院が必要になることがあります。
    出典 :脊椎圧迫骨折の従来からの治療法| せぼねと健康.com
     

    とにかく動かさないようにするしかない!ってことですね・・・・
    軽い骨折の場合は3~4週間で治ることが多いようです。
    高齢者の場合は、動かずにいることで筋力が低下し、そのまま寝たきりになるケースもあります。色々な意味で怖いけがですね。。。。

  • 固定術
    手術によって骨を移植したり、金属製のねじや棒で骨を固定します。
    この方法には大きく分けて、ぜぼねの後ろ側の背中を切開して神経をよけて骨折部位を固定する方法と、体の脇側を切開して臓器をよけて骨折部分を固定する方法があります。
    出典 :脊椎圧迫骨折の従来からの治療法| せぼねと健康.com
  • 最新の治療法「セメント治療」

  • セメントなんて聞くとビックリしますが、骨セメントはいろいろな場面で医療に用いられているんです。

  • 椎体形成術
    椎体形成術は、骨折した椎体にHAブロック(ハイドロキシアパタイト ブロック)、CPC(リン酸カルシウム)、PMMA(ポリメチルメタクリレート)などを充てんし、安定化させ、痛みを低減させる手術で、手術の方法は様々です。また、固定術と組み合わせて行う場合もあります。
    出典 :脊椎圧迫骨折の従来からの治療法| せぼねと健康.com
  • 治療は、まず患者さんがX線透視装置のテーブルにうつぶせになります。次に患者さんの皮膚に局所麻酔をします。そして、直径3mm程度の針を患部の椎体に挿入し、骨セメントを注入します。骨セメントは10分で固まり、治療自体は30分くらいで終了します。
    出典 :脊椎圧迫骨折に人気の"セメント治療" | 健康・医療トピックス | オムロン ヘルスケア
  • 皮膚から針を挿入し背骨の骨折部で風船(Balloon)をふくらませ、つぶれた骨をできる限り復元した後、風船によって作られた空洞に骨セメントを詰め曲がった背骨を矯正(後弯形成Kypho Plasty)します。 バルーン カイフォプラスティ(Ballon Kypho Plasty)  略して「BKP」と呼ばれています。
    出典 :徳島健生病院 - 脊椎圧迫骨折の新しい治療法「経皮的後弯矯正術」について
  • セメント治療は短時間でできるという点もメリット。高齢者の方にも負担の少ない治療法が増えてきているということですね~
    ただ、日本ではまだできる病院が限られていることや、入れたセメントが他の背骨にまで漏れ出てしまうトラブルもあるとか・・・・
    手術実績のある信頼できる病院で処置してもらいましょう。

  • 骨粗しょう症の予防には食事と運動!

  • 骨粗鬆症は圧倒的に女に多い病気です。閉経を迎える50歳前後から骨量が急激に減少し、60歳代では2人に1人、 70歳以上になると10人に7人が骨粗鬆症といわれています。これは、女性ホルモン(エストロゲン)が骨の新陳代謝に関わっているからです。
    出典 :骨粗鬆症って、どんな病気? | エーザイの一般生活者向けサイト
  • 脊椎圧迫骨折に治療法があることはわかりましたが、とにかく骨折しないことが一番!ですよね~
    そのために今からできること、それはズバリ骨粗しょう症の予防です!
    特に閉経後の女性は骨粗しょう症になりやすいんだとか。。。。これは他人ごとではいられません!
    強い骨を作るためのあれこれ、調べました。

  • 食事

  • 骨粗しょう症の予防には食事によるカルシウム摂取がとっても大切です。折角摂取したカルシウムが効率的に体の中で働くためには栄養バランスも重要。
    「カルシウムとビタミンD」はセットで取るように心がけたいですね~

  • カルシウム、ビタミンD、ビタミンKなど、骨密度を増加させる栄養素を積極的に摂り、骨を丈夫にするのが骨粗しょう症の食事療法です。カルシウムとビタミンDを同時に摂ることで、腸管でのカルシウム吸収率がよくなります。
    出典 :骨粗しょう症(骨粗鬆症)ホームページ/治療と目的
  • 牛乳・乳製品を適量(1日に牛乳ならコップ1杯(200g=約200ml)程度)とりましょう。また骨ごと食べられる小魚(しらす干し・さくらえび等)も重要なカルシウム供給源です。ただし、しらす干し等の食塩を比較的多く含む食品のとり過ぎは、食塩の過剰摂取につながりますので注意しましょう。
    出典 :骨粗鬆症の予防のための食生活 | e-ヘルスネット 情報提供
  • カルシウムを多く含む食品は・・・・
    牛乳など乳製品、骨まで食べられる小魚類、大豆食品などが代表的です。
    野菜だと小松菜やかぶの葉などにも多く含まれます。
    ビタミンDを多く含む食品は・・・・
    まず思い浮かぶのはきくらげ、煮干やしいたけ。
    それ以外にも、しらす干しや鮭、さんま、いくらなど魚卵にも多く含まれます。

  • 運動

  • 運動をさらに屋外で行うことでビタミンDも作られ一石二鳥。無理にハードな運動をはじめなくても、一駅分歩いたり、散歩の時間を増やすなど日常生活で上手に運動を取り入れましょう。

  • 運動不足は骨密度を低下させる原因になります。骨密度低下を防止し増加させる運動は、ウォーキング、ジョギング、エアロビクスなどです。体重をかける運動が骨密度増加のために有効です。
    出典 :骨粗しょう症(骨粗鬆症)ホームページ/予防
  • 「片脚立ち運動」
    1)机などの安定した物にしっかりつかまる
    2)つかまった手とは逆側の脚で片脚立ちをする
    1分間を1日3回行いましょう。
    出典 :骨粗しょう症の運動療法|骨粗しょう症|MSD
  • 「座位での脚上げ」
    1)椅子に座る
    2)片脚の膝が真っ直ぐ伸びるまで上げ、かかとを床から10cm程度離し2~3秒そのままにする
    これらは実際に骨折や転倒に対する予防効果があることが報告されています。
    出典 :骨粗しょう症の運動療法|骨粗しょう症|MSD