【椿油の美容法】古くから美容や食油として利用されてきた「椿油」あれこれ…

【椿油の美容法】が最近注目されています。椿油はそのものズバリ椿の種子から取り出した油で、成分はオレイン酸という脂肪酸で酸化しにくいという特徴があるそうです。また、オレイン酸は人間の肌にも41%も含有されているそうです。そのため、人間の肌に馴染みやすく刺激が少ないということで美容には最適です。

view319

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 椿油は古くから使われていると聞きますが…

  • 椿油は日本人にとって、とても馴染み深いものです。平安時代初期には既に作り出され、食用や灯用、化粧に使用される以外に、医薬としても用いられていました。その後、江戸時代には庶民の間に整髪料として広まりました。今でも相撲の力士が髷(まげ)を手入れするために利用しています。
    出典 :椿油(つばきあぶら)とは - ?エステ
     

    電車で力士と乗り合わせたことがありますが、なんとも言えないいい匂いがただよっていました。鬢付け油は椿油なんですね!!

  • 椿油の成分

  • 成分としては、人間の皮脂にも含まれるオレイン酸を豊富に含んでいることから、バリア機能が衰えて乾燥する肌の保湿と保護する目的に利用できますし、敏感肌やアレルギーの肌向けの低刺激の保湿剤としてもその効果を発揮してくれます。
    出典 :椿油(つばきあぶら)-美容オイル特集/オイル美容法の徹底解説ガイド
     

    低刺激ということで安心して顔や体に使うことができますね!!

  • 椿油の成分の特徴と使いみち

  • 椿油というとやはり真っ先にヘアオイルというイメージがあると思います。パサつきや枝毛を防ぐ洗い流さないトリートメントとしてはもちろん、頭皮ケアのマッサージオイル、パーマやカラーリング後のダメージケアのオイルパックとして利用している人も多いはずです。
    出典 :美容オイル特集
     

    さらさらと長いきれいな髪の毛は女性にとって大きなチャームポイントですね。椿油を使うことで髪の艶やしなやかさが、ぐ~んとアップしますよ!!

  • 椿油の保湿効果

  • 人間の肌は、皮脂膜とNMF、セラミドによって守られていますが、中でも、セラミドは皮脂膜層の保湿を保つ重要な役割をしています。そのセラミドは、加齢とともに減少していきますが、椿油は、そのセラミドの働きを助ける効果があるため、肌に潤いを与えてくれます。そして、肌に弾力を与えて、硬くなった肌をやわらかくする働きもあります。
    出典 :椿油のうれしい美容効果をリサーチ
     

    お肌のトラブルは予防したいものです。ことに冷暖房による乾燥は化粧ののりを悪くし、皺の原因にもなります。
    お風呂上がりの化粧水や乳液に椿油を1~2滴加えて使うと乾燥の予防にとても効果的です。

  • 椿油のスキンケア化粧品

  • 椿油でスキンケアすることでシミやシワを予防する効果もあり人気を集めています。椿油のスキンケア化粧品は、酸化しにくいため化粧品の酸化による肌ダメージも防ぐことができ嬉しいですよね。椿油を使ったスキンケア化粧品は、比較的高いイメージがありますが期待できる効果にはきっと満足できると思いますよ。
    出典 :椿油のスキンケア化粧品 :: 椿油の使い方
     

    肌の乾燥を防ぎ紫外線から肌を守るので、肌をやわらかくぷるぷるにする効果も期待できますが、肌に合わない場合もあるので試供品などで試しに使ってみるのがいいそうです。

  • 椿油の美容法